- 大阪・神戸の不用品回収・ゴミの処分ならハロークリーンセンタースタッフブログ

Home > カリスマ店長の言いたい放題

記事一覧

F・Iコンビ

  • 2019-12-13 (金)

珍しく2日連続で体調すぐれず。。。昨夜は38.4度まで熱上昇( ´∀` )

今回はまいりました。。。

喉痛い、関節痛い、頭痛い。。。病院行って風邪からの咽頭炎と言われました。

2日連続では珍しく、これも「歳のせい。。。」か。

昨日は13時ごろ帰宅。

そんな時間に帰宅したのは初めてです。。。

何して良いのかわからず、ずっと横になってました。

夜には熱上昇するし困ったもんです。

まあそれでも会社は動いてますし、僕一人抜けたところでビクともしません。

こういう時に頼りになるのが、昔のPL学園野球部でいうKKコンビではなく「F・Iコンビ」です。

普段は上っ面でしか付き合いない二人ですが、これが噛み合えば、噛み合えば、噛み合えば。。。(これが一番難しい)

最強です。

そうなれば、僕も外に出て、アレしてコレしてができます。

一応、期待しましょう!!

健康診断

  • 2019-12-12 (木)

本日、健康診断で準備万全と思いきや。。。

昨日の夜から発熱、喉の痛み、関節の痛み。。。

最悪のコンディションです。。。

喉と関節がズキズキ痛み、胃カメラだけ別日にしてもらいます。。。

最悪な一日です。。。

自動音声

  • 2019-12-11 (水)

世の中、年々便利になりつつあります。

当社は今まで「自動音声」というのを使用していませんでしたが、本日より

開始となりました。

朝6:15~夜19:30の間は受付対応していますが、それ以外の時間は今回初「自動音声」の

対応を入れてみました。

しかし、上手くいくのかどうかわかりません。。。

。。。

うん。。。

間違いなく申し込みもしたし、電話で最終確認もしたので、間違いないだろう!( ´∀` )

と、いうことで、本日19時30分以降に試しに電話をしてみます。。。

LINE限定紹介キャンペーン

  • 2019-12-10 (火)

もう気づけば、年の瀬がだんだんと近づいております。

師走も3分の1は終了。

お正月までのカウントダウンに近づいて来ました。

先日紹介しました「LINE」の友だち限定の紹介キャンペーンを継続中です。

毎日、LINEの「友だち」が増えております。

今で500名程度でしょうか。。。

年末までのキャンペーンです。。。内容は「友だち」登録していただけると確認できます。

損はないと思いますので、お問い合わせください。

当月末日までのキャンペーンとなりますので、よろしくお願いいたします。

予想

  • 2019-12-09 (月)

今日は、空は快晴!

気温は激寒!

そして、事務所も激寒!

ここ3か月ぐらいの間に、HP変えたり、LINEで限定配信したりと。。。少なからず「反応」が良くなってきました。

例年、「予想」で物事を言いがちな部分がありまして。。。「今月は~かも」「来月は~かも」という話ですが、

不安視しても仕方がない!!

それなら「今、動く!」事が大切。

競馬の予想屋みたいに、現在の状況を語っても仕方がない。

物事なんでも「動く」事が大切です。

先の事は「わかりません」が答え。

誰でもそうです。

「先の事を見据える、考える」は大切ですが、それなら3か月半年前から考えとけば良い。

そして段取り!

今は、今の事をしっかりできるように頑張るだけですね。

まちカメくん 豊中市

  • 2019-12-08 (日)

我ながら、独身貴族を謳歌している日々を送っておりますが、

やっぱり子供は可愛いですね!(他人の!( ´∀` ))

というのも、クリスマスも近いし、何かプレゼントをあげないといけないなあと!

同世代の友人は、皆、子供がいますので、やっぱり時折会う時は、必ず子供がいるんですよね~!

これが楽しくて可愛くて仕方がない今日この頃です。。。(・∀・)ニヤニヤ

で、そんな中、本日、豊中市在住の友人宅へプレゼントを持って会うわけですが、

この豊中市が管理する道路の損傷などをメールで通報できるスマートフォン向けアプリ「まちカメくん」という

アプリケーションがあるんです。

「道路に穴があいている」、「公園の遊具が壊れている」、「水路が壊れている」といった不具合や、

ごみの不法投棄を見つけた場合に、市民の皆さまがスマートフォンのカメラ・GPS及びメール機能を利用して、

速やかに市に通報ができるため、迅速な修繕に役立ちます。

ちょっと前にも「不法投棄」で豊中市がニュースで出たことがありました。

こういう市民の方からの直接の声がすぐ聞けるアプリケーションはあまりないかもしれませんね。

各市町村でも、今後、こういったアプリケーションを実施していくことになるでしょうね。

ショートスリーパー

  • 2019-12-07 (土)

昨日、今日と連日早朝トレーニング行きました。

1週間ほど空いてたのですが、早朝に身体が慣れてきましたね。

もともとショートスリーパーな僕ですので、3時間おきにトイレで目が覚めます。

これで寝てしまうと「しんどい」んですよね。。。

この「ショートスリーパー」は短命や健康を害するという結果が出ております。

平均睡眠時間が3〜4時間と短いショートスリーパーとして有名な、ナポレオンやエジソンも遺伝だった可能性が高い。

一方、アインシュタイン博士やテニスのロジャー・フェデラー、マリア・シャラポワ、陸上のウサイン・ボルトは10 時間以上眠るロングスリーパーとして知られています。

日本の統計では、平均睡眠時間が4時間未満の人は全体の約1%。

この人たちが健康かどうかまでは調査できていないため、4時間未満のショートスリーパーだけど健康という人は1%もいないと推測できます。

前述のように、睡眠時間の長短は遺伝的資質に規定されるところが大きいということ。

トレーニングをすればなれる、というものではないのです。素因がないのにショートスリーパーになろうとすると健康を害し、

短命になる可能性があるということを知っておく必要があるかもです。

神戸市中央区

  • 2019-12-06 (金)

ここは僕の地元。

小学校~高校までは、神戸市中央区内の学校へ通ってました。

小学校の頃は、中央区上筒井通、中学校は同区野崎通、高校は同区山本通でした。

これで思いっきり「どこの学校か?」分かったと思いますが。。。

で、

もともと葺合区とフラワーロード以西の生田区が合併してできた区なんですよね。

明治期の開港とともに、発展を始めた地域で、戦後に行政機能が移転してきたことにより神戸および神戸都市圏の都心としての役割をなしている。

震災前後までに、開港当時からの領事館も、この地から「神戸」の名を冠して大阪に移転したものの、

まだ名誉領事館・国際機関が多く存在しています。

「山と海が近い」と言われる神戸市。

震災の際は海側の灰が山まで飛んできてました。

本日から「ルミナリエ」開催です。

僕は、ああいうのは行きません。息苦しくなるので。。。

あと、歩くのがめんどくさい。。。( ´∀` )


神戸市中央区、とても良いところです。

不用品回収 年末年始

  • 2019-12-05 (木)

我々ハロークリーンセンターの営業時間ですが、

年末年始を除いて、

6:15~19:30

となっています。

年末年始は、

12月31日~1月3日までは休業。

1月4日~通常営業となります。

毎年、年末にかけて、この12月は問い合わせ多く、「後片付け」や「整理整頓」を

意味して、非常に動きが多い1か月です。

訪問見積りも同じく営業の方が回っております。

「ちょっとした」相談は、お電話いただければ何かアドバイスできることがあるかもしれません。

遠慮なくハロークリーンセンターまでお問い合わせください。

春日野道

  • 2019-12-03 (火)

昔からこの神戸市中央区にある「春日野道」には縁があります。

明治の終わりから大正にかけて、神戸の東の拠点として発展し、戦前までは西の都心・新開地と並ぶ繁華街として賑わい、

また、小野中道商店街とともに神戸の三大商店街と言われました。

戦後も鉄鋼、製鉄やゴムなど多く工場が集まる中、市場拡大とともに、行員たちが楽しむ立ち飲み屋など独特の下町文化が根付いたようです。

もともと春日野道の「春日」というのは、かつて籠池通あたりに奈良の春日大社から勧請を受けた春日明神が祀られ、

その周辺を春日野と呼んでいたらしい。そして、春日野道のルーツは、神戸に外国人居留地が設置されたことにさかのぼる。

春日野周辺に新たな外人墓地ができたのに伴い、明治36年、西国街道までの道路が開通しました。

オススメなお店がたくさんあります。

是非、春日野道を探索してみてください。。。

ルミナリエ

  • 2019-12-02 (月)

昨日は休日でした。

休日の日は、いつも早朝トレーニングに行くのですが、ドッと疲れをリフレッシュさせるために、いつもの倍寝ました。

とは言っても、僕はどちらかというと「ショートスリーパー」ですので、普段から睡眠は4時間前後。

これ以上寝ると腰痛になってしまいます。

で、今回あげました「ルミナリエ」の件、今年は6日からです。

ルミナリエが開催当初、今のように交通規制等の順路なども無かったのですが、

いつしか「規制」されて、毎年かなりの来場があるみたいですね。

昔、大丸の向かいのビルの所に勤めていた時、ルミナリエ開催時、かなり売り上げが落ちてしまいました。

おそらく、周りの企業様も同じだと思います。

かといって、「神戸のシンボル」ですから、開催はずっとしてもらいたいですね。。。

働き方改革

  • 2019-11-30 (土)

働き方改革は、2017年3月、内閣官房に設置された「働き方改革推進会議」によって、処遇改善・労働生産性向上・長時間労働の是正、

柔軟な働き方の環境整備、多様な人材の活躍に関する9つの分野に言及した「働き方改革実行計画」がまとめられ、

実現に向けたロードマップ(工程表)が示されています。

これまで切り込めなかった「同一労働同一賃金の実現」「長時間労働の是正」に踏み込んだ点において画期的とも評される大改革ですが、

果たして、この「働き方改革」というのは良い事なんでしょうか?

残業減らして、休日を増やして。。。

それで国が良くなるんでしょうか?人が良くなるんでしょうか?

個人的には疑問が残るところ。。。

僕は「改革」とは思いません。

僕には、政府が決めたことをとやかく言う必要もないですし、逆に「言ってはいけない」という権限もありません。

結局、残業少なく、休日を増やしたところで、国民が潤うんでしょうか?

仕事の生産性が変わらなければ意味がありません。

最終的に「個人」に委ねられており、どれだけ働いても、休んでも「個人」次第なんです。

だから、僕の中の「働き方改革」というのは、

「働く人(個人)の改革」

が必要であると思っています。

僕が、私が、手を挙げて、率先して物事に取り組む。。。

これが「改革」なんですね。

だから「個人」が頑張らなければ、改革は成り立たない。。。

それは時には「犠牲心」や「奉仕する心」も必要でしょう。

真剣に人を遣う仕事に向き合っていれば、必ずそういった事が大切であると気づく時が来ます。

皆さんも働き方改革の「改革」について、何が正しいか。。。

考えてみてください。

不祥事

  • 2019-11-29 (金)

毎日、毎週、毎月、毎年。。。

企業における「不祥事」が後を絶ちません。。。

警察官でも非常に多く、真剣に社会で働いている者からすれば

「何やってんだ!」

みたいな感じです。

で、共通する原因を考えてみました。


1)共同体的一体感が影響

共同体的一体感とは、日本企業にありがちな、長期雇用を前提とした新卒一括採用に基づき、

社員の感情的な一体感を求める組織運営のことです。

一体感を求める組織運営の中で出世した役員は、地位の維持をコンプライアンスよりも優先する姿勢が見られ、

不祥事を組織ごと隠蔽する場合があります。

経営者や役員など企業のトップが起こす不祥事は、共同体的一体感の中から発生するリスクが高いと考えられています。


2)「企業の社会的責任」の本質を理解していない

企業の社会的責任とは、企業が事業活動を通じて、自主的に社会に貢献する責任のことです。

たとえば、製造業であれば、品質に全く問題のない優れた商品を世に出すことが社会的責任の一つとなります。

企業の社会的責任の本質を全く理解せず企業の利益ばかりを追求していては、

不良品の製造や不誠実なサービスなど、不祥事を招く原因になりかねません。


ザクっとあげると、「おそらくこうだろうな・・・」みたいな感じで、上記の内容を思うのですが、

文字にするのは簡単で、この「本質の理解」というのは、誰しもができるわけはないんですよね。。。

物事には何でも「本質」が存在するのですが、それを理解していないから、企業内でも文句も出ますし、

「個人の意見」として皆が口々に言います。

人が多ければ多いほど、統治する必要があり、そのために複数の管理職がいるのですが、

これもまた「感情的に」流されてしまい、改善がしにくくなってしまうんですね。。。

扱っているモノが、「物」ではなく「者」なので余計に難しい。

まあ、そういうところが仕事の「面白い」ところなんですが。。。

「人が集まるところに不祥事あり」

みたいな、名文句がそのうち出そうですね。。。

フィットネス  健康志向

  • 2019-11-28 (木)

最近、「トレーニングブーム」が到来しております。

というか、「健康志向」の方々が増えたのでしょう。

男は逞しく、女は美しく。。。

という感じでしょうか。。。



この写真。。。

13年前くらいの写真です。( ´∀` )

今は、跡のかけらもありません。。。( ´∀` )

この頃は、今みたいな「トレーニングブーム」ではなく、トレーニングするのは「そういうジャンル」の人たちのみでした。

今では様々な大会ができました。

「ボディビル」という大会以外で、「フィットネス」に関する様々な大会ができました。

「誰でも出場できる」ような大会もできているのもあり、より一般的な方々も出場できるので、目標を作りやすくなりましたね。

当初の僕の予定では、来年(2020年)に大会に出ようかと思っていたのですが、自己分析したところ、兵庫県で優勝するにはあと5KGぐらいの

筋量が、最低でも必要っぽいです。

ケガを数か所していますが、言い訳できません。

無理せずできる範囲でじっくりゆっくり鍛えていく予定です。

皆さんも是非「フィットネス」に興味を持って、一度挑戦したら面白いかもしれませんよ。

「CHANGE  YOUR BODY  CHANGE  YOUR LIFE」

です。

危険な不用品回収業者

  • 2019-11-27 (水)

5年前と比べて、「不用品回収業者」が多くなりました。

こうなってくると、先日話しました「商圏」の取り合いです。

自分たちの領域に他の業者が入ってくるのですから、当然でしょう。

こういった感じで、どんどん増え続けていると、必ずどこか「潰れる業者」も出てきます。。。というか、既に出てきています。

そんな中で「危険な業者」も増えてきました。

一番多い被害は、料金形態。

被害金額は数万円程度のこともあれば、数十万円などの高額になるケースもあります。

特に高齢者の方など「騙されやすい方」ほど、被害金額が大きくなる傾向があります。

また、女性も男性作業員に対する恐怖心から、言われるままにお金を支払ってしまうケースが多いようです。

我々のように「約款」等があれば、双方が間違えることなく、作業ができる業者が一番安心です。

一度、お気軽にお問い合わせください。

西宮市 不用品回収

  • 2019-11-26 (火)

「一番住みたい街2019」に堂々首位になりました西宮市。

家賃相場(シングル向け1K):6.20万
家賃相場(ファミリー向け2LDK):9.99万

2位以下を大きく引き離し、2018年同様西宮北口が1位となりました。

2018年には20代、30代、40代いづれの年代でも西宮北口は1位です。

人口も増加しており、「人が集まる=需要が高まる」ですから、我々の仕事も非常に役に立つはずです。

実際、昨日の記事「商圏」で分析しても、西宮市が大阪市に次いで3位に入ってます。

アクセスの良さと落ち着いた街並みが良い部分でしょう。

梅田、三宮へ約15分、宝塚行きの阪急今津線との乗り換えも可能で、アクセスは大変良いです。

また駅周辺の繁華街を抜けると閑静な住宅街が広がっていて、生活しやすい環境となっています。

反面、問題は山積みですが。。。

来年度のランキングも大いに楽しみですね。

商圏

  • 2019-11-25 (月)

我々のような「引越業者」や「処分引取業者」で、いわゆる「運送屋」では、あまり関係ないようで、

若干、関係ありそうな話。。。

「商圏」という言葉をご存じでしょうか?

商業施設や小売店、商店街などが、日常的に利用する消費者に対して「影響を及ぼす(生活している地理的な範囲)を意味します。

図で示すと、Googleにこういうのがありました。

↓↓↓



おわかりでしょうか?

例えば、スポーツクラブを開設します。

そのスポーツクラブをある住宅街に開設すると、平均とると「3KM圏内」に住まわれている人が多数くるんです。

これが「商圏人口」というやつですね。

最近では、大型ショッピングセンターの中にスポーツクラブができてきております。

この場合、「各地から」来られるため商圏を考えるときに、「~県~市~区」まで調べると、

大体見えてくるんですね。

どこに住んでいる人に影響が強いか。。。

だいたい同じ地区内の方が多い。

重要なのは「どこに住んでいる人たちに影響を及ぼしているか」です。

当然、ハロークリーンセンターの本社は「神戸市兵庫区」です。

面白いことに、我々のような業態でも、しっかりと「商圏分析」できるんです。

人口の関係もあるので、中央区、兵庫区が多く、次いで垂水区、東灘区となっています。

「神戸市内」です。

神戸市内の次は、「大阪市内」です。

ココ、もっと狙い目です。

媒体によっては「大阪市内」の方が多いぐらい。

さて、どうしようか。。。もっと考えなくては。。。

須磨海浜水族園

  • 2019-11-24 (日)

神戸市須磨区にある須磨海浜水族園。

現在の場所の再整備計画を巡り、民営化される新施設の「入場料が高すぎる」として計画の見直しを求めている市民団体「須磨水族園を考える会」が22日、

担当する市経済観光局を訪れ、市民ら7031人分の署名を久元喜造市長あてに提出したようです。

9月に発表された提案内容によると、新施設は西日本唯一の展示となるシャチ棟のほか、イルカ棟、魚類・アシカ・ペンギン棟の3棟で構成。

施設規模は西日本最大級になるとみられ、2024年3月末のオープンを目指しているみたいですね。

料金も大幅に変更になるようです。

高校生以上は3100円、幼児(4~6歳)と小中学生は1800円となる模様。

僕も小学生のころから馴染んでいた水族園。

とうとうリゾート計画が始まりました。

地元住民の方は、反対の署名活動で必死ですが、「神戸市」の立場としては、「発展させたい」「人を集めたい」という想いで

進めていっていると思います。

何でも「想い」は大切です。

立場によって「想い」は違って当然です。

問題は、それをどのように「擦り合わせていく」か。

難しい。。。

何が?

人を巻き込めば巻き込むほど、物事が難しくなるのは当然か。。。

大掃除 後片付け  処分

  • 2019-11-23 (土)

年末が近づいて来ました。

気づけば、あと1か月と少しで「大晦日」です。

「まだ先の話。。。」と思ってるかもしれませんが、時が経つのは早いもので、もうすぐですよ。

毎年、大晦日まで出勤している僕は、今年は誰かに任せて、大晦日は静養。。。という名の国外に逃亡でもしようかと。。。

とは言っても、1年の終わりには、1年の終わりらしく、綺麗に掃除をしに来ます。

これは僕の中では「恒例」になってまして、いつものように出勤して、そして掃除をスタート!!

皆さんは、大晦日をどのようにお過ごしでしょうか。。。

そういえば。。。

当社は、毎年12月30日まで現場作業、31日は電話受付のみ。

色々片付けしていると、いろんなものが出てきます。

家具類以外にも、資源ごみ、生ごみ、その他多数。。。おそらく出てきます。

今から後片付けを少しずつ進めて、準備をして、12月に入れば一気に段取りをして片付けましょう。

当社作業員は要望に応じて対応可能です。

家までお伺いし、物を全部回収させていただきます。

何かありましたら、是非、ご相談ください。

人に「伝わる」役割

  • 2019-11-22 (金)

人を相手に「伝える」仕事、つまり一般でいうと、「メディア」という仕事は、現代社会にとって、なくてはならない存在です。 

メディアとは「人間社会において、人と人とを結び、人の目となり、耳となって働く情報媒体」のことであり、人々の知識や考えに決定的な影響力をもっています。

例えば、社会を動かしているのは政治や経済の力であるが、その政治や経済の基本となる情報を運び、人々にその都度の判断をさせる基準となっている情報を提供しているのがメディアです。

したがって、メディアが誤った情報を送れば社会は混乱し、民主社会の基本そのものが崩れてしまうことになります。

以下の項目が、主に「役割」です。


①正しい情報の提供(報道番組はもちろん教育番組等も含む)
②評論と解説(科学的最先端の問題だけでなく、錯綜した社会問題を平易に解説する)
③市民への議論の場(討論と意見交換のためのプラザの提供)
④社会教育機能と生涯教育(全番組を通して社会の改善と改革へのキャンペーンを展開する)
⑤娯楽提供(今日の疲れを癒し、明日への活力となる「社会の潤滑油」としての楽しみの時間の提供)
⑥広告媒体機能(優れた商品の社会流通の保障)
⑦慰安・福祉機能(お年寄りや子ども、 外国人や障害者にも理解でき、楽しんでもらえる内容の工夫)


この中で、一番重要な事は①ですが、「正しい」という点ではどうも引っかかる部分がありますね。。。

最近の様々なジャンルの「情報」がくだらなさすぎる。。。( ´∀` )

もともとあまり興味がない事が多々あるのですが、そこまで過熱する必要があるのかな。。。

とか

一人の人間をそこまで報道する必要があるの。。。

とか

時折思ってしまうわけです。

そういう話の延長で。。。というわけではないですが、仕事をしていても、シンプルに考えれば「何でもない」話ですが、

人の感性とは様々で、一つの話を言う人、聞く人によって、全く捉え方が違います。

メディアは「伝える」仕事ですが、「伝わる」仕事ではありません。


結論。。。


何が言いたいかというと。。。



情報に右往左往されることなく、自分の目で確かめる事が真実であり「正しい」。



という話です。。。




 

トレーニング、栄養、休養

  • 2019-11-21 (木)

本日も朝3:30~トレーニングしてきました(˘ω˘)」

僕も40歳ですから、筋力を著しく伸ばせるのは、あと10年ぐらいかな。。。

その後は、ゆっくり伸ばしていき、55歳~は「現状維持」のトレーニングをしていかなければいけません。

同世代の世間のお父さんたちに言いたいのは、「まだまだいけます」っていうところです。


1週間のルーティンですが、だいたいこんな感じです。


月曜日 脚

火曜日 胸

水曜日 腕

木曜日 肩(前部)

金曜日 背中とハムストリングス(太もも裏)、カーフ(ふくらはぎ)

土曜日 OFF

日曜日 肩(中部、後部)


基本的には、木曜日と日曜日は「早朝トレーニング」しますので、3:30ぐらいから2時間ほど。

木曜日と日曜日だけは、夜に「見たいドラマ」があるので、サッサと帰ります。


が、


今、一番悩まされているのが、「ケガ」です。

右膝は「半月板水平断裂」をしており、手首と肘、右前腕部は筋肉と関節が炎症起こしてます。

膝は手術するかしないかというところですが、放置しております( ´∀` )

ケガと上手く付き合っていく生活、トレーニングを考える必要があります。

最近1年ぐらいの間に「スポーツマッサージ」や「整骨院」に通うようになり、バランスは若干良くなりました。

ここ数年で気づいたことは、「身体のケア」が非常に大切です。

一般的に、筋肉を付けたい場合、「トレーニング」が重要視されていますが、

実は、「トレーニング」、「栄養」、「休養」の3つのバランスが 1:1:1 でなければなりません。

ですから、偏りすぎず、バランスを考えないといけません。

例えば、身体が疲れている場合、疲れているのに、トレーニングすればもっと疲れます。

その分、休めるのであれば良いのですが、そううまくいきません。

となると、疲れている時は「積極的休養」として、トレーニングせず休むことが大切です。

この年になると、トレーニングの際に、ウォームアップの時点で「今日はどういう状態か」わかります。

自分で自分の事をわかっているので、さらに重りを持った瞬間に「行ける」のか「やめるのか」判断できます。

「栄養」についても、月~土は、ほぼ同じ物、同じ時間に食べます。


日曜日だけは「爆食い」します。

平日は晩御飯食べないので、結構、これが楽です。

皆さんも一度試してみてください。

同世代のお父さんたちに負けないようにこれからも頑張ります。

行動量

  • 2019-11-20 (水)



すっかり寒くなりましたね。

外は寒くても、事務所の中は熱気がすごい!

何しかパソコン7台も置いてたら、だんだん昼には熱くなるんですよ!

そっちかーい!!( ´∀` )

僕はいつも事務所で皆とおしゃべりばかりで、尚且つ太っているので

熱くて暑くて仕方ありません。。。

こうしている間に隠し撮り!

で、見つかって事務員さんに怒られる。。。

こんな日常茶飯事を送っている今日この頃。。。

常々、事務員さんに言っていること。

「行動すること」、「確認すること」、「相談すること」を話しています。

その中でも「行動量」っていうのが、一番大切。

考えてばっかりの人は成果が上がりません。

ティッシュ配りの人がいちいち

「断られたらどうしよう〜」って考えませんよね。

マクドナルドの高校生のバイトが

「変に思われたらどうしよう〜」って悩まない。

とにかく終始一貫、同じ事を徹底する。

俺はできてる?

あなたはできてる?

どんな仕事でも、物事でも、普段の生活でもそうです。
小さな積み重ねをどれだけ積み上げられたか、です。
うまくいく人は、行動量がとても多いです。

早くうまくいかせたいなら、短期間でどれだけその仕事を最優先させて行動したか?
行動量に結果がみあわないならやり方を変えつつ動く!
コレは色んな事がうまくいくための鉄則です。

やるか?やらないか?です。

「どれだけ知っているか?」

が大切ではなく、

「どれだけ行動しているか?」

が、大切です。

トランクルームと一時保管  神戸市兵庫区

  • 2019-11-19 (火)

当社の事業では、「24H出し入れ自由」のトランクルームと、荷物の「一時預かり」の事業も並行して行っています。

街中では「24H出し入れ自由」タイプのトランクルームが非常に多い。

利便性はあると思うが、「荷物を出し入れ」するぐらいだから、当然、大きな車、トラックがおける駐車スペースがあって当然だろう。。。

と思いきや、止めるところが2~3台。。。あまり意味ない。。。みたいな。。。



当社の場合、車は何台でも停めれます。

トラックだろうが戦車だろうが十分停めれます。

もっと長期的に且つ、出し入れしないのであれば、「一時預かり」ということで、

当社の専用の保管庫に入れさせてもらうプランもあります。

そっちの方は、当社専用の領域に入ってまして、お見せすることができません。( ´∀` )

こちらは物量どれだけ預かろうが、無限大に預かれます。

どちらが良いか、プランも含め相談くださいませ。

ありがとうございます。

表裏一体

  • 2019-11-18 (月)

最近、芸能ニュースがネット上で騒がしいですね。。。

僕はあまりテレビを見ない(木曜日の9:00と、日曜日の9:00しか見ません。)ので、

情報は全てインターネットで見ている感じです。

まあ、そういう情報を見るたびに「くだらない。。。」と思ってしまう今日この頃です。

人に限らず、物事なんでも

「表裏一体」

です。

一見、「表と裏」は対照的で「別々」と思いがちです。

でも実際は、「表」も「裏」も両方とも、元は「1つ」。

切り離すことはできません。

例えば、よく言うのが「表の顔と裏の顔」と言いますが、僕からすると

「同じ人」

なので、表も裏も関係ないんですよね。

「そういう人だった」

というのが答え。

周りに何もないところで、一つの家が火事が起きたとします。

火事が起きた場合、出火元の原因は「外」ではなく、「中」にあります。

「火のない所に煙は立たぬ」

です。

この場合も原因は「外」ではありません。

「中」が原因です。

結局、火元は火事が起きた家自体です。

何が言いたいかというと、

「何事も結局も自分(本体)次第」

ということです。

世の中、人のせいにする人もいますけど、結局は自分次第でどうにでもなりますから

しっかりと「自分を持つ」ということを忘れてはいけません。

株式会社 福住

  • 2019-11-17 (日)

「自分の働いている会社の良いところを言ってください」

皆さんは、何と答えますか?

例えば。。。

「社風が良い」

「福利厚生が充実している」

「給与が良い」

「やりがいがある」

など、「無難な答え」があがってきそうですが、

まあ、あくまで「個人の意見」を求めているのですから、そう言う答えが「普通」ですね。

僕がもし答えるのであれば、

「経営者(社長)を尊敬できるところ」

ですかね。

当社は経営者と「距離が近い」こともあり、非常に「仕事がしやすい」です。

いつでも相談できるところが、自分にとっては非常に助かり、有利であります。

但し、大前提には、相談するタイミング、内容も「自分の判断」にかかっています。

毎日1つでも経営者から盗む努力をしないと追いつきません。

並行して、新しく仕事の開発も見つけてこなければいけません。

目標は常に高く置き、合わせていく。

同僚や部下と、時にはコミュニケーション必要ですが、「経営者目線」というのは必ず必要で、

そういう目線で考えると、今まで大きかった問題も、小さく見える時もあります。

まだまだこれからですが、1歩でも2歩でも近づけるような努力が必要ですね。

キャッシュレス

  • 2019-11-16 (土)

今や経済産業省が推進している「キャッシュレス」制度。

用途は、

キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、

キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、

中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。

いち早く、このキャッシュレス化に乗り出したところは楽天株式会社であるらしい。

お得で便利なキャッシュレス体験を「楽天生命パーク宮城」と「ノエビアスタジアム神戸」で提供。

ビール半額など各種キャンペーンも実施 。

楽天株式会社、株式会社楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸株式会社は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の、

ホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」およびJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」において、

両チームの2019年開幕戦より順次、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表しています。

その取り組みにより、チケットや飲食、グッズなど、両スタジアム内において購入できるものは、現金決済に代わり原則すべて、

スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」、電子マネー「楽天Edy」、共通ポイントカード「楽天ポイントカード」、

「楽天カード」およびMastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード、「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」

を含む各種ブランドデビットカードでの決済としています。

また、「スマートスタジアム構想」として、今後も、モバイルを活用した先進的なサービス・演出や、試合・動画コンテンツの活用、

次世代の観戦スタイルの提供などを含め、「楽天エコシステム」を通じて、これまで以上に便利でストレスフリーな観戦体験の実現を目指しています。

このように、企業で大体的に打ち出ししているところはまだそれほどありません。

とはいえ、上記に記した通り、「経済産業省」が推進しているぐらいですから、「加盟店」として今後もどんどんされていくでしょう。

是非、皆さんもこれを機会に「キャッシュレス化」の推進に取り組んでください。

監視カメラ

  • 2019-11-15 (金)

世の中、随分と便利になりました。

「監視カメラ」が今や世界中、どこ行ってもあるようになりました。

但し、ここでちょっと思ったのが、「監視カメラ数と安全性」の関係です。

実際どうなんだ!っと思い、早速ググってみました。

以下は、Googleのウェブサイトで「監視カメラランキング」としてあった図です。

↓↓↓↓↓



トップ8を中国の都市が独占しています。

監視国家と呼ばれる中国、

例えば、1位の重慶、人口1535万人に対し、監視カメラ数が257万台。

1000人あたり、168台となります。

未だに中国では監視カメラの増設が進んでおり、2020年までには、2億~6億の監視カメラを

設置予定らしい。。。(ここまでいけばギネス級です。)

しかし、冒頭で書いたように、「監視カメラと安全性」は比例していないようですね。。。

上記の図の一番右(safety index)と記載あるのがその「指数」です。

普通に考えれば比例していなければならないのですが、そうでもないみたいですね。。。

イギリスの情報誌によれば、「安全指数」だけみると、1位は我が国「東京」のようです。

立派立派!!

東京では、1000人あたりに0.65台という結果で、我が国がいかに「安全な国」「安全な人」であるかがわかります。

なぜ中国はここまで熱心に監視カメラを導入するのか。

犯罪抑止という側面もあるが、多くの海外メディアや専門家が指摘しているのは、社会監視システムである「天網(スカイネット)」の強化です。

監視カメラの映像とAIによる画像解析によって、中国国内にいるすべての人々の身元を特定するシステムのようですね。

2012年に北京で始まった取り組みだが、中国政府は2020年までに中国全土での導入を目指しており、この仕組みは中東、アジア、アフリカ、南米などに輸出されているといわれています。

中国メディアは天網の存在意義について、犯罪者や行方不明者を見つけることに寄与するシステムであると主張しています。

一方、欧米メディアや米国議会は、このシステムが中国国内の活動家の不当逮捕、ウイグルやチベットなどでの

少数民族の弾圧に利用されているとし、厳しい非難を浴びせている状況のようです。

近年、AIによる画像解析システムは、世界に発展をもたらしている一方で、この中国での一例は、

これからの問題定義となるかもしれません。

営業活動

  • 2019-11-14 (木)

今日は早朝トレーニングに行きました。
早朝トレーニングの日は、だいたいこんな1日です。

3:00  起床
4:00  トレーニング
6:45  出勤
19:00 退勤
20:00 マッサージ
22:00 帰宅
1:00  就寝

休日の日は、密かに密かに営業活動。
神戸市中央区にある「珈琲館」で一息してから、活動です。

僕たちの仕事は「インターネット」が半分、あとは「お得意先様からの紹介」が多数占めています。

この「お得意様からの紹介」をどのように増やすかが大切です。

以前は「朝活」に参加して、異業種の方々の交流によって、偶然にも提携ができました。

今回実践中なのは、

「知り合いからの紹介」

です。

例えば、「新規取引先」を獲得するのに、以前は「TELアポ」「飛び込み」営業をしていました。

こういうのは「球数」の問題で、100回投げたら、いくつか当たるだろう。。。という確率不明なランダムに攻めていく営業でした。

今回は、自分の知り合い、お得意様からの紹介。。。など既存の顧客等から紹介を頂く戦法です。

これがですね。。。なかなかヒットするんですね。。。確率が高い。。。

既に1件紹介いただきまして、先日「手ごたえのある」営業できました。

休日は、自分の知り合いも巻き込んで、「ちょっと会いに」行って、紹介もらう作戦です。

休日は「種まき」の日ですから、がんばって密かに密かに営業をしておくんです。

こういうのは「芽が出てきてから」皆に口外する感じが「おもしろい」と自負している今日この頃です。。。

ゴミ出しのマナー

  • 2019-11-13 (水)

決められた日に、決められた場所にゴミを出す。。。

ごくごく簡単な事ですが、意外に「めんどくさい」と思って、1週ぐらい飛ばしてしまう方もおられると思います。

自治会の方で注意喚起を流したり、マンションに掲示したり、「たかが」ゴミ出しかもしれませんが、

それぐらい重要な事なんです。

↓↓↓↓↓



これは一例です。

決まった日に、決まった物を出す。

皆でこれも一つの「エコ」活動の一環です。

地域の方々に迷惑をかけないよう協力し合いましょう。

但し、様々な事情でゴミ袋に収まりそうにないものまで捨てないといけない物もあると思います。

「急に回収してほしい」、「即日対応できるところは」・・・など。

こういうときにこそ、我々ハロークリーンセンターへご依頼ください。

即日対応可能です。

まずはお電話1本  0120-49-0022

6:00~20:00

で受付しております。 宜しくお願いいたします。

ヒューマンエラー(人的ミス)

  • 2019-11-12 (火)

僕の日課で、普段はあまりTV見ないので、毎朝Yahoo!ニュースを見ているのですが、本日のTOPニュースに

「ホテルが客の荷物を間違って捨てる」

と、書いてありました。

↓↓↓↓↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000007-jct-soci

そういうことがあるんですね。

預かる時に「預かり証」を渡すはずですし、ホテル側もその控えを荷物に貼るはずだと思うのですが。。。

「1か月かけて製作した作品が、勝手にゴミ捨て場に移動させられていたのです。作品は壊れ、修復を余儀なくされました。ホテルには謝罪と賠償を求めたいです」

とツイッターに投稿していたみたいですね・・・

結果、示談と賠償金が成立したみたいです。

普段、あまり何でも「興味を持たない」僕ですが、このニュースだけはちょっと興味を持ちました。

というのも、当社も「荷物の扱い」、「処分の扱い」、「荷物の預かり」をしているだけに、身近な問題に感じました。


どのような企業でも、必ず「ヒューマンエラー(人的ミス)」はあると思います。

但し、この「ヒューマンエラー」を正すために、「もっと気合い入れろ!」「なんでそんなことをしたんだ!」と言ったところで、何も解決しません。

そういう古典的な方法では、また繰り返します。

以前、社内のミーティングでこのような事を話しました。

ヒューマンエラー=外的(環境的)要因+心理的要因

であると。


「外的(環境的)要因」とは、

 例

・長時間労働
・業務中に騒音や振動
・業務している最中に、違う業務がいきなり入ってくる
・作業手順書通りすると「無理な作業が発生し、手順書に馴染めない」


上記のような内容から、

・「イライラする」
・「集中できない」
・「時間がない」

などが発生します。

これが「心理的要因」です。

「心理的要因」が及ぼす効果というのは、良い意味でも悪い意味でも非常に大きい。

上記の内容から、何でもミスしたときにまずは「外的要因」、それに伴った「心理的要因」を考えてあげなくてはいけません。

そこを整えてあげれば、上手くいくと思います。

是非、実践してみてください。

人事育成 その2 「コミュニケーション」

  • 2019-11-11 (月)

昨日に引き続き、本日も「人事育成」について、自分の「勝手な」意見書いてます。

昨日は「経験」が必要であると書きました。

まあ、大前提には、失敗したら「反省して見つめ直す」という事が必要なんですが、最近ではこの「見つめ直す」事ができる人が少なくなりました。

とりあえず、謝っておけば良いと思って、単に「開き直る」わけです。

「めんどくさい」や「会社の指示でしたことだから」。。。etc

「何かに」責任転換をしたいんですね。

「自分は悪くない」事を上手いように言って逃れたいんです。

こういう人はどこにでもいますが、育成していく上では「上手く使っていく」必要もあります。

そこで大切なことは「コミュニケーション」です。

社会人1年目から、「報連相」の話を言い聞かされてきました。

それでも世の中の社会人の人、全員出来ているか?というとそうでもない。

よく考えてみたら、

「報連相しろ!」とは言うが、大切なことは、「なぜ報連相できないか」ですね。

で、話は戻りますが、ここでいうと「なぜ失敗したか」というのを考えないといけない。

考えを整理して、周囲の事まで考えることができる人は「なぜ失敗したか」を反省と次につなげることができます。

こういう人は、いるようであまりいません。

たくさんいれば「人事育成」の事で、様々なジャンルで問題にもなりません。

逆に部下でこういう考えができる存在すれば、その人は物凄く伸びるでしょう。

一番大切なことは、

「なぜ失敗したか?という理由を一緒に考える」

事なんです。

これは「時間の共有」を意味しており、さらに同じ視点で問題解決していくことで、常に「思考の共有」をすることができる。

この答えが

「時間の共有」+「思考の共有」=「コミュニケーション」

という事です。

そりゃ大変ですよ~!上司になればなるほど、部下を持てば持つほど、上記の「式」が必要です。

自分(個人的な)の時間などありません。

ですから、一応順序だてて話してみましたが、最初に書いた「開き直る人」「逃げたがる人」に対して、

「式」を当てはめてあげれば、その人の事を悪いようには思わなくなるんですね。

もし、悪いように思ってしまったら、「式」を当てはめなかった

「自分が悪い!」

んですよ!

となります。

ですから、人を育てていくのには多大な「時間」が物凄くかかります。

それを見据えて、日々の「人事育成」に励む必要があります。

人事育成 その1 「経験」

  • 2019-11-10 (日)

どこの企業でも「人事育成」は永遠のテーマでしょう。

今から書くことは、あくまで個人の意見というか、見解というか。。。

ビジネスに限らず、スポーツでも「育成」は重要です。

「育成」に必要なことは何でしょうか。。。?

~を覚えさせる、~を教える、など多々あると思いますが、一言でいうと

「経験させる」

事だと思っています。

個人的には経験の中でも「痛い目に合う」事の経験が必要かと思っています。

楽しい事、面白い事があれば、やる気が出て良いかもしれませんが、良い事ばかりだと、物事の「本質」が理解しにくいですね。

失敗すれば、「なぜ失敗したのか」という反省から、色々考え、「本質」が見えてくる部分が多く、吸収しやすい。

そうすると、すんなり成功した時よりも、もっと効率良くできる部分が多々出てきます。

勝手な解釈ですが、「失敗を恐れる」人が増えてきました。

一見、失敗もなく進んで行っているようでも、よく見たら、3か月、6か月、1年。。。やっていることは何も変わってない。

こういう人は「無難にこなしている」だけで、極端な変化は望めません。成長は無理でしょう。

中途半端な経験が人を「小利口」にしてしまい、その周りも影響されて「小利口」を生む。

思いっきりがなく「安全牌」で進んでますから、苦労もないし、経験が無いので、成長できません。悪く言うと「逃げてる」だけでしょうか。。。

もう少し例えて言うと。。。こういう話があります。

ゴルフで、バーディーを狙ってパットを打つ。

この時、安全策で「弱く」打っても、手前で止まりパーで逃れることができる。

じゃあ、いつバーディー取るの?

強く打った結果、少し外れた。

でもおかげで、ホール近くの芝の状態が分かり、次につながった。

どちらのタイプですか?

安全策を考えて、若干弱めに打つ

狙いに行って若干強めに打つ

当然、後者しかバーディーは狙えません。

この「バーディー狙う人」が少なくなってきました。

安全策の人は「小利口」な人ですね。

「失敗は成功の基」と言いますが、まさにそうです。

まずは「経験させる」事を身に染みてわかってほしい今日この頃です。

地域のクリーンセンター

  • 2019-11-09 (土)

Googleで「クリーンセンター」という言葉で検索すると、



おー!当社がいきなり出てきましたね!

「~クリーンセンター」という「社名」の民間企業がありますが、今日は僕たちが住んでいる「地域の」クリーンセンターについてのお話。

家庭から出るごみは「一般廃棄物」と呼ばれます。

一般廃棄物はそのまま埋め立てられるのではなく、一度燃やしてから処理されます。

一般廃棄物を燃やして処理する工場です。地域のクリーンセンターによっては、資源として再生可能なごみをリサイクルする施設、ごみを燃やしたあとの灰をガラス質の塊にする施設、生ごみを肥料にする施設などを
持っているところがあります。

ごみを出さないように気を付けて生活している人たちも増えてきましたが、それでも1人あたり1日で約839グラムのごみを出しています。

ちなみに、日本の首都である「東京都」では、平成26年度に年間で約278万トンものごみが出されました。これは東京ドーム7.5杯分になる量です。

これらのごみの中で資源や肥料として使える部分は使いながら、その他のごみは燃やし、環境に良い形にして、加工しているのがクリーンセンターです。

最近では、温水プールのある施設の中に、ごみを燃やしたときに出る熱を使っているところがあります。

今では「エコ」という言葉を耳にしますが、要は「環境問題」について,世界中で解決していく中で、世界の経済も発展し、人々の生活が豊かになるように

思いを込めて作られました。

昔(20年~30年ぐらい前)は、ここまでの「意識」がなかったのかもしれません。

人口増加に合わせて、産業が発達していくほど「大気汚染」が大きくなりました。

「地球人」である以上は、こういったエコ活動を推進して、一人一人が取り組まなければいけません。

永遠のテーマです。

人工甘味料

  • 2019-11-08 (金)

「人工甘味料」って知ってますか?

科学的に合成した甘みのある化合物です。

人工甘味料業界は、スクラロースが分解されずに体内を通過するので、生体に影響しないと言って安全性を擁護してきました。

しかし、ある研究は身体がスクラロースを代謝し、脂肪細胞に蓄積することを暴きました。

新たな2種類の代謝生成物も特定されました。

これらの事実は、スクラロースに関する当初の規制に含まれていなかったので、研究者らは安全性と規制の、現状見直しを求めています。

スクラロースは、処置したラットの肝臓を明らかな変性を引き起こし、毒性の影響があることを示しています。

以前の研究から、スクラロースが腸内細菌を 50%減らし、腸内 pH を上げ、生化学的アンバランスを生じさせることがわかっています。

このことは2018年に再度確認され、現行の認可済みの全人工甘味料が DNA を損傷させ、腸内細菌の正常で健康的な活性を阻害することが判明しました。

スクラロース、アスパルテーム、サッカリン、ネオテーム、アドバンテーム、アセスルフェーム カリウム-K等の人工甘味料を食べると、食欲調節機能に支障をきたし、体重を増加させます。

以上のような研究結果から、近年、人工甘味料について、多くの結果が出されています。

こういった人工甘味料や食品に含まれる保存料などで、僕の身体に影響が。。。

例えば、

『円形脱毛症+抜毛過多』

。。。
。。。

1ヶ月半ぐらい前に、とうとう発症した。

。。。

円形脱毛症!
。。。

。。。

円形脱毛症=ストレス。。。

と、決めてしまうのはNGです。

実は、様々な原因があるんです。

まずは心当たりを探します。

①食生活

②アレルギーがあるか

③睡眠時間

④身体的、精神的ストレス

で、

③、④は改善無理なので、①と②だけ変えてみた。

コンビニ、外食は、日曜日以外やめました。

保存料入ってるもの、人工甘味料入ってるもの、極力やめました。

タンパク質は、卵、大豆、ホエイ、魚から満遍なく摂取。

オーガニック系のオイル、食物中心に変更。

まぁ日曜日は、ドカ食いしてますけど。。。(笑)

そしたらなんと!!

増えてきましたよ✨

抜毛も無くなり、目立たなくなりました!

そして増える増える!

もっと増える!!

。。。

。。。

見せてやりたいが、最終形までしばしお待ちを。 (笑)

トランクルーム

  • 2019-11-07 (木)

荷物の「預かり」等、利用したことありますか?

例えば、荷物を駅のコインロッカーに「預ける」のはなぜでしょうか?

ウロウロするのに邪魔だから。。。とか理由があると思います。

少し規模を大きく話すと、家の中の荷物を「預ける」ことなど考えたことはありますでしょうか。

模様替えしようと思った時、リフォーム、建て替えしようと思った時、家を出て、しばらく戻ってきそうにない時。。。

ちょっとした時、そういう場所があると便利です。

最近では「トランクルーム」、非常に増えてます。

僕の中では「トランクルーム」か「コインランドリー」かというぐらい、よく街中で目にします。

トランクルームの料金基準は、一番は

「広さ」

でしょう。

契約期間やその他の内容は、そのトランクルームの運営しているところに直接聞いてみても良いと思いますが、

当社の場合は、お客様の「ご希望通り」のプランで対応可能です。

どれだけ預けようが、どれだけの荷物があっても「預かり」は可能です。

たまにあるのが、管理費や更新料などをもらうところもあるようですが、当社は一切かかりません。

他社様の運営しているトランクルームは、管理は不動産屋などに任せているため、手数料がかかるところがあるようですね。

土地も「借りている」状態ですので、様々な名目で「料金化」して取っているところが多いです。

それが良い悪いの話ではありませんが。。。

何分、当社の場合、自社で持て余している「土地」もあるもんで。。。(笑)

トランクルームも自社で直営。

ですので、更新料など、お客様に請求することはありません。

https://www.hello-c.com/trunk.php

↑↑↑↑

一度、覗いてみてください。

自社運営、所有のトランクルームです。

リーダーシップ  その2

  • 2019-11-06 (水)

昨日からのテーマ「リーダーシップ」。

企業の中には、「あいつは仕事ができるから」や「一番長いから」という理由で「リーダー」にするところもあります。

僕の中では「リーダー=キャプテン」みたいな感覚がありまして、仮に、上記に述べたような理由であれば、

スポーツでいうと、たまに控え選手としてキャプテンがいるときありますよね?なぜでしょうか?

先日ありましたバレーボールのワールドカップ、日本のキャプテンは石川選手ではなくて、柳田選手です。

ベンチにいるときも多々ありました。

世間では、石川選手や西田選手が取り上げられていましたが、この柳田選手、ピンチサーバーで出てきて、

完全にサービスエースで5連続ポイントで取り、流れを日本に完璧にもたらしました。

つまり、「ピンチを救った」「流れを作った」仕事をしたのです。

リーダー(キャプテン)に求められるものは、まさにコレです。

「ピンチを救う」

そして

「皆を一つにする」

これは、教えられてできるものではありません。

企業の中には「まとめることが大事」とか軽々しく伝えるところも多い。

いやいや「まとめる」ってそんな簡単な事ではありません。

ていうか、逆に誰でも「その気に」なれば「まとめる」事もできるでしょうけど。。。

「人を付いて来させる」には、まずは自分のやっている背中を黙って見せる必要があります。

次に何でも率先して取り組むこと。

何か「見返り」を求めてはいけません。何も考えずまずは「自分が取り組む」。

そうこうしているうちに、必ず人は付いてきます。

助けてくれる人が出てきます。

管理職、リーダー職を安易に人選してはいけません。

キャプテンしたことないやつに、「お前、明日からキャプテンな」というようなもの。

できるわけありません。

段階を踏ませなければ勤まりません。

もし僕が人選となる基準を作るのであれば

・率先力がある

・正しい判断ができる

この2点以外はいりません。

あとは経験です。

リーダーシップ  その1

  • 2019-11-05 (火)

皆さんが考える「リーダーシップ」や「リーダー」って、どういう事を思い浮かべるでしょうか。

わざわざ(軽率に言う気は無いですが。。。)そのことで、様々な「研修会」が開かれています。

そういう「専門」の企業が多々あります。

僕も20代の頃に様々な「研修会」に参加しました。

「リーダーとは」、「管理とは」、「顧客アプローチ法」、「営業マンの心得」。。。その他色々ありましたね。

まあ、個人的な意見ですが、そういった「研修会」で述べようと思えば、いくらでも述べれます。

方面は違いますが、いくつか僕自身も研修会というより「セミナー」をしていましたが、「理論」を話すのは簡単です。

多くの人の前で話すとき、大切なことは「理論を述べる」事が大切ではありません。

一番重要なことは「理解してもらう」、「何でもいいから1つでも持って帰ってもらう」事が、重要。

今でも従業員にミーティング等でよく言うのですが、

「伝える」事より、「伝わる」事が大切。

「伝える」の主役は「自分」です。 「伝わる」の主役は「相手」です。

「人に伝える」のは簡単、「人に伝わる」のは難しい。

なぜか?

「感情」があるからなんです。

感情。。。いわゆる「性格」とかそういう事です。

皆、立場が違いますし、相手が置かれている「環境」でも大いに影響します。

例えば、忙しい時に話しかけられると、頭に入りますか?「入らない」というより「入りにくい」が賢明でしょう。

伝言ゲームで10名並べて、同じ内容を、10名の一番最後に聞く人は、全然違う内容に変わってることが多い。

つまり、「相手の立場を理解する」という事なんです。

。。。
。。。
。。。

お気づきの方がいるかもしれませんが、上記に述べたことは、「リーダーシップ」の一つなんです。

表向きは「指揮官」として、場面に合わせ、大鉈を振るうことも必要です。

人が多ければ多いほど、大鉈を振るうことが必要でしょう。

意地でも「動かす」事が「リーダーシップ」です。

が、その陰には「苦肉の策」があっての決断であることが前提です。。。

。。。
。。。

「リーダーシップ」がいかに重要か。。。まだまだ書ききれないので、本日はこの辺で一区切り。

ではでは、また明日。




安全運転

  • 2019-11-04 (月)

僕が今、毎日気にかけていること。

キリがないぐらいあります。

皆のお客様の対応どうか?
指示書(見積書)通り実施しているか?
身だしなみはどうか?

その他、多々あります。

サービス業ですから、「お客様第一」です。

ですが。。。(「もっと大事なことが」という意味ではないです。誤解しないでください。)

なんしか、皆に「安全運転」をしっかりしてもらいたい。

というのが、「引越=サービス業」ですが、

「引越=運送業」でもあります。(大まかに言うと、コチラの方が正しいかも)

昔は「タコグラフ紙」というのがありまして、車に毎回運転時にハメ込んで、走行のスピード、休息の有無などチェックしていたんですが、

最近は、世の中のデジタル化が進んでいることもあり、「ドライブレコーダー」というのができるようになりました。

性能で言うと、カメラ付、GPS付 という感じです。

「安全運転」とは、すればするほど良い! 

という評価はなく、「安全運転」をすることによって、

①事故のリスクが減る

②身を守れる

上記2点のリスクが減るほか、実施することにより、

「自分も含めて、以外の人にも迷惑をかけることがない」

です。

ですので、「安全運転」を毎日願っている次第です。

皆さんも運転される方が多いと思いますが、様々な観点から考えても、

くれぐれも「スピード」には注意して、運転してください。


福住引越センター ハロークリーンセンター トランクルーム

  • 2019-11-03 (日)

おはようございます。

本日は日曜日。

日曜日は「早朝トレーニング」の日。

それからの出勤。。。

ですが、本日は休み!

ということで、何しようかな~と考えながら、取り合えずブログから書いてます。

当社は、「株式会社 福住」グループで、

福住引越センター(引越事業部)

ハロークリーンセンター(リサイクル事業部)

トランクリーム(24H出し入れ自由)

を運営しています。

各事業の役目は次の通り

↓↓↓↓↓

「福住引越センター」

いわゆる引越屋さんです。

阪神間中心に行ってます。

神戸市内発の引越ならお任せください。

よく「他社との差別化」を言われます。

。。。

。。。

一番困る質問です。

何というか。。。

「特にない」で困るのではなく、逆に「かなり色の濃い」引越屋さんなもんで、

上手く説明することが難しいんです。

あと、他社に比べれば年齢層が高いので、熟知している人が多いですね。



「ハロークリーンセンター」

不用品回収、買取屋さんです。

「リサイクル、リユース」前提に、引き取りを行っております。

遺品整理も行い、単品回収も実施しております。

ゴミ屋敷等もお任せください。

「トランクルーム」

皆様に「場所貸し」を提供しております。

一時保管から、出し入れ自由のトランクルームまで。

物量などによって料金変わります。

。。。

。。。

こうやって考えると、当社には「住居の移動」に関して、トータル的なプランが可能です。

3月などは、転居までの数日、荷物を預かる問い合わせがものすごく多いので、遠慮なくお問い合わせください。

あーでもない!こーでもない!

  • 2019-11-02 (土)

皆さん、仕事をしていて、こういう事ありませんか?

A「それって~だから~でしょ?」

B「いやいや、それは~だから~ですよ!」

C「えー!違う違う~ですよ!」

こういう話、よくありますよね。

答えが「出ない」話。。。

こういうの聞いているとイライラするぜ!!(笑)

そうだな。。。2~3分ぐらい話聞いて、答え出ないなら、誰かがスパッと切って言わないと。

相手が自分と違う事言うもんだから、だんだんイライラの「感情」が入ってきて、論点がだんだんズレてくる。

感情が入ると恐ろしいもんですね。。。同時に、面白いもんですね。。。

間違いなく「何を話していたか」を忘れて、話の内容ではなくて、「あんた、それはおかしい!」と、

「人」を攻撃!否定!(笑)

こういう時はどう対処しますか?

。。。

。。。

「こういう考えもあるのか!」、「ああいう考えもあるのか!」とまずは「否定しない」事です。

だから物事や人の事でも、何でも簡単に「〇」や「×」だけで判断してはいけないということですね。

もちろん「仕事」なので、「結果」は大事!

だから最終的に過程はどうであれ「どうなったか」が必要です。

但し、管理職は、そこだけで判断してはいけません。

部下には言います。

「で、結果はどうなん?」「過程なんかどうでも良いから、結果は!」

と。

表面上はそうですね。部下には結果を出すために「努力」してほしいですから。

実際、管理職という仕事は「過程」も見て判断しなければいけません。

「正しいやり方で、正しい結果を出す」事が大事です。そのために何回も途中で確認をしてあげること。

僕は20代前半で「管理職」になりました。

そのときの上司に直接「上に上がるにはどうしたら良いですか?」と聞きました。

返ってきた答えは、「まずは今やるべきことをキチンとする」という事でした。

そこから運良くトントン拍子に上がれたのですが、これが「若い」僕にはダメでした。

変な「驕り」が付いてしまい、「俺のいう事は絶対だ!」みたいな感じで、立場を履き違えてしまいました。

人が付いてこなくなる時期がありましたね。

その後、ある人と出会ってから、ものすごく変わりました。

「楽しく仕事をする」ということ。

四六時中、硬い顔して部下も寄せ付けない態度をとるようでは、誰も付いてきません。

かといって、「甘やかし」はダメです。

微妙なアメとムチ。

これが必要です。

まあ、十人十色ですから、うまくこのグラディエーションを考えて、これからもがんばっていきたいと思います。

ついに!!宜しくお願いします!!

  • 2019-11-01 (金)

完成しました!

カリスマ店長専用ブログ!

いやあ~やっとこの時が来ました!

当社は社長OKが出たら、すぐ行動!

ありがとうございます!社長!

いつものブログだと何となく。。。何となく「制限」がありますから、

あまり日常茶飯事なことは書けませんからね!

このブログは、あくまでカリスマ店長の独り言です。。。

ですので、一切、真剣に読まず、半目ですらっと通過してもらえればOK!

コーナー初回ですので、軽く自己紹介を!

身長:173CM

体重:91KG

血液型:B型

趣味:特になし

性格:自己中心的、あっさりしすぎ

人によく言われること:心が無い、無関心、愛想がない

特技:ありません

人生、山あり谷あり、いろいろありますが、このブログでは赤裸々にさらけ出すのが一番良い!

学生の頃はバレーボールやってました。

一応、中高大いずれも主将です。

警察官になろうと思い、兵庫県警受けるが失敗!

自衛隊入ろうとしたが、筋トレしたかったので、フィットネスクラブへ入社。

はじめは販売から始まり、そしてフィットネスクラブのトレーナー。

一応、エリアマネージャーまでたどり着いて、新店オープンの担当へ。さらに不採算店舗の改善担当。

営業活動の一環で、学生アメフト、格闘技道場などへセミナー等行う。

一番の思い出は「格闘技道場のオープン」に携われたこと。

0からリングなど作って、自分でも勉強になって自信になった!

で、10年の節目に退職。

もともと独立志願だったカリスマ店長は、もっと「営業経験」が必要と感じ、

某営業会社~今に至ります。

失敗も色々ありました。

新卒で入って、まだ若造なころ、お客様と「言った」「言わない」で売り場で言い合いになり、掴み合いまで発展。

その時の上司が間に入り、事は収まりましたが、酷く怒られました。。。

出勤と休みを間違え、遅刻する。。。

部下を怒りすぎて、当時の社長からお呼びがかかり怒られる。。。

終電時間も過ぎてしまい、会社に寝泊まりしていたころ、エアコンをガンガンつけすぎて、怒られる。。。

会議の時間(終了時間)を守れず、怒られる。。。

細かい事上げるとキリがありません。。。

全て良い「経験」でした。

仕事で一番重要な事。

「時間を守る」

これは、今も皆に言い続けてます。

時間にルーズ(遅れてきたり、当初の時間を過ぎて終了したり)は考えられません。

どの仕事でも一番大切であると認識しています。

これからも「言いたい放題」のカリスマ店長のコーナーですので、よろしくお願いいたします。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > カリスマ店長の言いたい放題

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ