大阪・神戸の不用品回収・買取ならハロークリーンセンター

お急ぎの方

スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. アーカイブ
  4. 2020-02

2020-02

ゴミが溜まる人の傾向

様々な理由でゴミを捨てることができない人がいます。
夜勤明けで帰ってくるともう収集後で出すことができない。
仕事が夕方からで起きた時には収集後だった。
捨てようと思っても捨てる時に
なぜか考え直して捨てるのをやめてしまう。
捨てるのを人に見られるのがいや。
などが、今まで不用品回収の仕事でゴミを溜められた方の理由です。

今回の作業は、ご高齢の婦人二人暮らしのお部屋の片づけでした。
今年になってから足腰が弱くなりにアパートの二階のお部屋から
ゴミを捨てるのが億劫になりだし
ゴミ捨てを怠ることが多くなったとのことです、
そしてゴミが徐々に蓄積されていき、
溜まったごみを全部捨てきれず
最終的には自分たちでは処分が難しいと考えられ、
ご依頼いただきました。
お隣さんも匂いに気づかれていたそうで、
作業中に気をかけてくださいました。
不用品の処分は早ければ早いほど安くなります。
一間のアパートでも腰や肩くらいの高さまで溜めてしまうと
結構お金はかかってしまいます。
また、ゴキブリやネズミなどは
近隣の住民様にも迷惑が掛かってしまいます。
またそのくらいのゴミの量になると
引っ越し後も補修代を請求されることもありますので、
ご依頼はお早めがオススメですよ。

神戸不動産リアルティ 様  神戸市

最近、営業に行きだして、なぜか2KG体重が増えたカリスマ店長です。

数日ぶりに、ブログに手を付けております。。。

このところ、既存の営業担当が忙しく、不動産様、工務店様等に営業回りが疎かになっていますので、

自分で外に出だしました。

最近、様々な方とお会いするのですが、やはり「人と人」のつながりは大切であると、つくづく思うわけです。

昨日、お会いさせていただきました

「神戸不動産リアルティ」様。






神戸市、明石市を中心として、地域密着の売買専門の不動産会社です。

不動産というと、様々な「事情」を抱えていることがあります。

近年では「空き家対策」などがあげられており、併せて、相続問題など様々です。

神戸不動産リアルティ様では、顧問税理士、弁護士、不動産鑑定士などの専門家ととのネットワークを基に、

総合的なバックアップをさせていただいております。

どのような事でも、相談してみてください。

電話:078-798-6356

http://kobe-realestate.jp/

ご担当の方の名前は、つ、、、

書こうと思ったのですが、最近「個人情報」のことをどこ行っても言われるので、

そこは許可を取りましてから書きます。(* ´艸`)。。。


BY カリスマ店長

不用品回収業者を利用する

皆さんは不用品を処分する際に
民間の不用品回収業者を頼む時ってどんなときですか?
例えばこんな時ではないでしょうか?

①粗大ゴミを市や区などに頼みたいけど、
 回収日がかなり先なのですぐに回収して欲しいという時。
②家電を処分したいけどどうしていいかわからないという時。
③いつ買ったかわからない消火器や耐火金庫など
 どこで処分してもらっていいか分からない時。
④家やマンションなどの引き払いなどの
 大量の不用品が出る時
⑤家がゴミ屋敷になって自分ではどうしようもできない時。
など理由は人それぞれだと思います。

そしてお客様は少しでも安く、早く、丁寧、キレイに
作業を行って欲しいはずです。
買取もできる当社であれば、処分にかかる費用を抑えられます。
価値がないと思われる物も、思わぬ高値で売れる事もありますよ。
また、早く、丁寧、キレイにするためには
作業スタッフが経験豊富であることが重要です。
当社のスタッフは経験豊富なプロが作業を行いますのでご安心下さい。
そして万が一必要なものを傷つけたり壊したりした場合、
損害をしっかり補償いたしますので安心してお任せいただけます。

不動産売買に伴う残置物撤去

食事はいつも決まった時間に、決まった物を!カリスマ店長です。

不動産売買に伴いまして、中にある「動産物」の撤去の依頼が非常に多いです。

オリンピックの開催年だから?なのかどうかは知りませんが、よくこういう事を聞きます。

・戸建て築15年以内が売り時、マンションは築6~15年の間が売り時
・タイミングが合うのであれば、1~3月はねらい目
・東京オリンピック前の今は絶好の売り時

果たして本当かどうか知りませんが、不動産で働いている知人が言ってました。

売買に伴い、必ず残置物が出ます。

その残置物の撤去の依頼が非常に多い。

売買契約がどのような流れで条件で進むかは知りませんが、施主様が支払いされるパターンが多いです。

撤去の際は、家の中にある「全て」の物が多いので、当然、エアコンや湯沸かし器などの外しも必要です。

そのような事も全て当社ができますので、一度相談をいただけると助かります。

BY  カリスマ店長

散らかっていると自分では思っていない

べッドのまわりに缶ジュースにたばこ・・・
この部屋のかたづけ方の答えはズバリ
「使ったもの食べたものはその都度捨てる」です。
当たり前ですが、
ごみの分別に合わせてゴミ箱を置いておけば多分大丈夫ですね。

本や服などを買い揃え収納スペースに物があふれ、
その物一つひとつに思い入れなどがある場合などは
「これは全部必要なもので収納できないから置いている」と考え、
整理できてないので前に買ったものをまた買ってしまうなどでどんどん物がふえていく。
本人が散らかってると思った時は傍目には
ゴミまみれの部屋にしか見えないような状況になっています。

仕事のシフトや生活リズムの関係でゴミが捨てられない
勤務時間が不規則でゴミ出しの時間に自宅にいない為、ごみを出せないなど
そうしているうちにゴミがたまりだし、
気づいたら(というか諦めて)立派な汚部屋になってしまった・・・
そうならないように注意して下さいね!

今日ゴミの回収日だった!うっかり出し忘れたらどうしますか?
ごみは出せないですよね。
そうならないように、今は調べものをするにもネットで出来ます。
雑誌や単行本なども電子書籍で購入すれば場所はとらずにすみます。
衣類は買う前にネットの画像検索で評判などを調べたり
今ある服はまた着るのか、着ないならどうするか?など
衝動買いをしないようにしましょう。

それでも不用品が溜まってどうしようもない場合は、
是非当社にご相談下さい。

買取基準   神戸市

毎週日曜日だけ終日「ドカ食い」のため、毎週月曜日は、食事が極端に控えめなカリスマ店長 です。

近年、「買取」を希望される方が多く、そういった専門業者も多く出てきております。

業者によって「基準」は違うのかどうか。。。

正直なところ、多少はあるかもしれませんね。。。

「平均的な」買取基準を考えて、逆に「買取できない」条件を少し述べてみましょう。


1:家電(テレビ・レコーダー・プレイヤー・デジカメ・携帯・スマホ等)

テレビ・DVD/BDレコーダ・プレイヤー

発売から5年を経過した商品
レコーダでハードディスク、BSデジタルチューナーが内蔵されていない商品
テレビ・レコーダで地デジ対応のシールが貼られていない商品


ゲーム機本体

ディスクの読み込みができない商品
コントローラー・ACコードに接触不良のある商品
液晶画面にキズのある商品
メーカー不具合と認定される商品


カメラ

ポラロイドカメラ
インスタントカメラ
レンズに、カビ・くもり・シミ等のある商品
単品での三脚等の小物アクセサリー類


2:ホビー(プラモデル・ミニカー・ブライス・鉄道模型)

プラモデル

組み立て済みの商品
デカール等欠品している商品

鉄道模型

目立つ汚れがある商品
部品が不足または破損した商品
タバコ臭など異臭のついた商品
色移りや日焼けなど変色した商品
箱、またはケースが無い車両


このように何となくですが、「買取できない理由」を並べてみると。。。

「そりゃそうだ」

と、なりますよね。

ですので、買い取りを希望される方は、その商品の状態を考慮し、逆の立場で考えたときに

「買いたくなるかどうか」

これを少し考えてみてください。


BY カリスマ店長

不法投棄はあかんで! 神戸市

寒さは来るけど、筋肉痛は来ない。。。カリスマ店長です。

本日は「不法投棄」について。

神戸市でも不法投棄は問題になっています。

・ 決められた曜日・時間以外のクリーンステーションへの投棄

・ 空地や道路などへのごみの投棄

・ お店や事業所などから出る事業活動に伴うごみ(事業系ごみ)のクリーンステーションへの投棄

などがあげられます。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (不法投棄 、野外焼却)があり、

5年以下の懲役 、若しくは1000万円以下の罰金。

又はその併科(法人の場合は3億円以下の罰金)

となります。

※ 不法投棄を見かけたら神戸市環境局クリーン110番(331-9110)へ
 電話をして、対応しましょう。


BY カリスマ店長

生ゴミ 回収  即日対応

本日朝3時半ごろ、外に出たら雪がかなり降ってたので、ヤバいと思い、完全装備して傘さしてジムに行き、トレーニング終わったら、全く雪も降ってなかったカリスマ店長です。

急に寒くなりました。

寒いと外に出たくないし、何するにしても億劫です。。。

先日、兵庫県〇〇市で不用品回収を実施しました。

内容は※!♪…Дがあり、びっくり仰天でした!

で、大多数が「生ゴミ」でした。

匂いも半端ない感じでしたが、何とか作業は終わり、持ち帰って「仕分け」です。

見た目は「生ゴミ」ですが、ここを疎かにしてはいけません。

リサイクル、リユースの会社のため、キチンとリサイクルしますよ。

実際、生ごみを分ける時、よく見たら「生ゴミじゃなかった」というパターンもあります。

冬場は夏よりマシですが、夏場の「生ゴミ放置」はたまったもんじゃありません。

かといって、冬場だから貯めて良いというわけではありませんが、早め早めに適正に処理しましょう。


BY カリスマ店長




引越・遺品整理・不用品回収は福住引越センターグループにお任せを!

寒さのピークとなる2月。
早ければ2月中に春の息吹を感じることもあります。
寒がりな私は、早く春が来ないかと待ち望んでおります。
そんな2月には、節分、バレンタインという大きなイベントがあります。
また、確定申告や、札幌雪まつりや秋田県のなまはげなど、
有名な地域の行事もありますよね。

さて本題に入らせていただきます。
ソファーやベッドなどの大型家具、
テレビや洗濯機などの家電を処分したいけれど……
「どうしたらいいのかわからない」
「どこかに持ち込みたくても、自分では運べない」
そんな方は、ぜひ不用品回収業者の
「ハロークリーンセンターセンター」にご相談ください。
ハロークリーンセンターは福住引越センターの一員として
引越しは勿論、遺品整理・不用品回収も承っております。

お問い合わせには、
可能な限りスピーディーに対応いたしますので、
「今すぐ片づけてしまいたい!」という方もご安心を。
まずはお気軽にお問い合わせください。

不動産売買 処分  神戸市

休日の日でも早朝トレーニング、カリスマ店長です。

昨日は、休日でしたので、いつも以上に目が覚めてしまい、古巣のゴールドジム新神戸店へ。

当時、梅田、栗東、新神戸と新店を立ち上げしましたから、あの時の様々な経験は、今でも鮮明に覚えていて、その時の経験のおかげで

今の自分の能力が養われたと言って良いほど、様々な事がありました。

そんな思い入れがあるからというよりは、家から徒歩10分ぐらいにあるので、朝4時半に目が覚めたついでに、トレーニング。

ついで、11時から大手不動産の仕事をしている知人と合流。

色々情報収集と意見交換。(3分の2は肉を頬張ってました。)

時期的に「動く」時期のようですね。

今は「空き家」になった実家等の売買の問合せがあるようで、それにともなって処分も少しずつ出てきてるようですね。

現在でも、当社には「動産物」の撤去で問あわせがありますが、やはり不動産の売買が関係している方も多く、当社も撤去の見積りと併せて

提携不動産の方々と組んで、売買の部分でも案内をさせていただいております。

是非、お気軽にお問い合わせください。

大切な「財産」ですので、不利のないように、大切に進めていきましょう。


BY カリスマ店長

ハロークリーンセンター 神戸市

朝2時30分から絶好調! の カリスマ店長です。

素朴に考えてみました。

我々、「ハロークリーンセンターの強みって何ぞや??」

はい、この回答で答えた、とある社員は。。。

「もともと引越専門に慣れているスタッフがいるから丁寧です。」

はい、とあるアルバイトは。。。

「そりゃあ、僕がNO1ですから、僕が行けば作業は早いですよ!」

。。。

。。。

答えになっているようで、あまりなっていませんが。。。

簡単に言いますと。。。

「早い、安い、旨い!」。。。

。。。

。。。

間違いです。これは、僕の家の近くの王将でした。

正しくは、

「早い、安い、上手い!」

です。

安い経費で質の良い作業で、さらに手際よく、作業員が行います。

前もっての荷物の「分別」いりません。

単品から家財丸ごとの回収までできます。

何なら序に「引越」も可能です。

実際、引越と処分を同時に依頼される方が多く、対応させていただいております。

処分しにくい物。。。例えば、スプレー缶や植木、消火器、その他様々なものも、引き取り可能です。

こういったっところも、「ハロークリーンセンターの強み」に値するところです。

何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。


BY カリスマ店長




機密文書処理、廃棄  神戸市

ダイエットしてるつもりでも、逆にどんどん体重が増えているカリスマ店長です。

良くあるのが、企業様からの依頼で「機密文書処理」を受けることがあります。

企業や団体に関する重要な情報が記載されている「機密文書」は、廃棄処理においても、細心の注意と確実な取り扱いが必要です。

ところが、時折、業者が廃棄処理工場へ運ぶ途中で紛失する事故や、文書が路上に散乱する事故が発生しています。

なぜこのような事故が起きるのか。



※JNSA「2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」をもとに作成

過去の事例を調べると、紙媒体による情報漏えいにつながる原因として、輸送途中の紛失(2005年クレジットカード会社)、

輸送途中の落下(2013年通信会社)があるほか、ゴミ集積所への廃棄なども挙げられます。

機密文書を廃棄する際の集荷・廃棄処理は、各業者によって取り扱い方法や運搬方法が異なります。

実際に発生した紛失事故のなかには、機密文書を段ボールに詰めて扉のないトラックの荷台に、

そのまま箱を積み込んで運搬し、急カーブの際に箱が路上に落下したというケースがありました。

また、業者が複数の箇所で機密文書を集荷する場合、集荷・運搬の途中で盗難や紛失のリスクも高まるでしょう。

さらに、機密文書廃棄処理を契約している会社が、別の業者に外注の形で再委託する場合もあります。

このようなケースで情報漏えい事故が発生すると、依頼した側の管理責任も問われかねません。

そういった「リスク」も考えながら、対応業者を選びましょう。   


BY カリスマ店長

Home > アーカイブ > 2020-02

検索
フィード
メタ情報

arrow_drop_up