Home > アーカイブ > 2016-02

2016-02

思い切って処分

自分にとって不用品とは何か迷ってしまう事があります。もちろん「使わなくなった物」とか「壊れた物」が不用品なんでしょう。

しかし、「将来必要になるかもしれない」とか「修理すれば使えるかもしれない」などの個人的理由(?)でなかなか捨てられない事もあります。

しかも、買った時は結構高かったのに、またお金を出して処分しなければならないとは!切ないですよね。

でも処分しないと、どんどん不用品がたまって、精神衛生上良くない状態になる恐れもあります。

部屋が物で散らかっているだけで、人はストレスを感じるという研究結果もあるのだとか。視界にたくさんの物が映っていると、それだけで脳が負担を感じてしまうのが原因のようです。

新製品が次々と発売される今日、買った分だけ古い物を処分するのは仕方がないのではないのでしょうか!

モノが散乱してしまった部屋を片付けるコツ

何から手を付けていいのかわからない部屋の片付け。ここでは、簡単に部屋を片付ける手順と、キレイな部屋をキープするコツをお話します。

ぐちゃぐちゃに散らかってしまったお部屋を片付けるコツをご紹介します!掃除が苦手という人も多いですよね。掃除は気合!まずは一気に片付けをしすよ!

片付ける順番とコツ

片付けの計画を立てる

掃除用具を準備

ゴミ袋と2つの「袋、箱」を使って床の上と戦う

ゴミ袋以外の2種類の「袋、箱」の使い道は、

必要なもの 必要書類・印鑑などが出てきたらこちらに

迷っているもの 使う予定ではないけれでれど捨てるのがもったいないものなど、迷ったらすぐここに入れましょう。

一通り仕分けし終わってから、必要なものは所定の場所へ収納しましょう。

片付けから3カ月後

ここで再登場するのが「迷っている物が入った袋、箱」です。3カ月の間に必要だったものはそこから取り出しているはず。3カ月経った今でもその中に入っているということは……もうあなたには必要ないということですね!自治体の指示に従い、ゴミの仕分けをして捨ててしまいましょう。

床は物を置かない場所

床に一度物を置き始めると次から次へと増えていきます。床の上ではなく、収納場所を作りそれぞれの所定の位置を決めましょう。

部屋が片付くコツまとめ

「いつかやろう」「明日決めればいいや」はNGです。思い立ったが吉日!計画は今日立ててください。そして、毎日の積み重ねが部屋をグチャグチャにしてしまうということば、キレイをキープする毎日の積み重ねが片付いた部屋を保ってくれるとも言えますね。

リサイクル料金

テレビを処分するときはリサイクル料金を支払って処分しますよね。でも、テレビの無料回収という宣伝を目にする機会があります。

「無料で回収してくれるのならお願いしようか」と、つい思いがちですが、その業者さん大丈夫でしょうか?そもそも「無料」というのがおかしいですよね。

テレビを正しい方法で処分する際にはリサイクル料金が必要となります。リサイクル料金はメーカーによって異なりますが、テレビの場合はおおよそ3,000円台です。

高いなと感じてしまう人もいるかもしれません。でも、私たち消費者には、使い終わったテレビは家電リサイクル法に基づいてリサイクル料金を支払い、正しい方法で処分する責任があるんですよ。

暮らしに寄り添う

お客さまの暮らしに寄り添う仕事とは、どのようなものでしょう。

ハロークリーンセンターでは、単品のみの回収はもちろん、ゴミ屋敷となってしまったような大量の不用品回収まで対応いたします。

また、他の不用品回収会社に断られてしまった品物でも回収が可能です。

ハロークリーンセンターでは、回収品を一旦会社まで持ち帰り、そこで仕分けを行いますので、現場ではひたすら不用品をトラックに積み込むだけですので、作業日数が1日で終わる場合がほとんどです。

困った事により早く対応し、お客さまの生活をより良いものにしてゆく、そんな「暮らしに寄り添う」会社です。

Home > アーカイブ > 2016-02

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ