Home > アーカイブ > 2019-06

2019-06

雨でも営業しています。神戸、大阪、京都 で不用品回収。

今日は日曜日。

毎週日曜日は、カリスマ店長の早朝出勤の日です。

朝5時30分に出社して、うちわ片手に腰に手をやりながら、空を眺めていました。

な~んか、変な天気ですね。。。

雨が降ると色々気を遣う場面が多くなりますね。

しかし、我々ハロークリーンセンターは、雨ごときで作業は止めません。

ササっと入って、ササっと不用品を回収する。

もともと我々ハロークリーンセンターは「引越」専門の人たちの集まりなので、段取りや手つきも

慣れたもんです。

神戸の天気はこんな感じですが、大阪、京都の天気はどんな感じでしょうか。

暫く怪しい天気が続くらしいですが、天気に負けず劣らず頑張りたいと思います。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

不用品回収 神戸、大阪、京都

関西地方に接近していた熱帯低気圧も過ぎ、本日は、晴れ間が出ている神戸市。

夜から雨らしいですが、晴れている間にやれることはやってしまいましょう。

本日も、「基本的に、外に出るのはあまり好きではない」カリスマ店長からの投稿。

一人っ子、B型のカリスマ店長は、事務所の中で外を見ながら、こうつぶやきました。

「外は暑いし、こんな中で一軒家、丸々の不用品回収の仕事は大変だな。。。」

と。

昔、私も現場に出ていた時の事を思い出しました。

暑い季節は、現場に出ると、どれだけ水分をとっても足らないぐらい。

終日の現場で、5~6Lぐらい、1日で飲んだこともあります。

我々ハロークリーンセンターは、主に西は姫路、東は京都まで、担当エリアになっています。

特に需要が多いのが、神戸市内~大阪市内 です。

京都も月に数日は走りまくってます。

京都は学生さんが多く、時期によっては、不用品回収が集中します。

京都は昔、私も住んでおり、今でも神戸から京都まで行く道のりと、京都市~区~町あたりまではナビ無しでも行けます。

この3つのいわゆる「関西の三大都市」は、我々ハロークリーンセンターが出没地域となっていますので、

遠慮なく、お問い合わせください。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

買取・回収してきました。 in 神戸

暑さもドンドン増してきました。

我々、ハロークリーンセンターは、そんな暑さにも負けず、日々、神戸市内を中心に不用品回収・買取にまわっています。

併せて、営業マンもこの暑さの中、不用品回収・買取だけでなく、引越の見積りも同じように回っています。

大変だなあ。。。

と、私、カリスマ店長は、毎日涼しい事務所に居ながら、外を眺めて、時にはウトウトしながら皆の帰りを待ってるわけです。

で、今日は、現場でこのような物が出てきました。

ギター。。。

。。。

。。。

わかっとるがな!見たらわかるやろ!

私、カリスマ店長は、基本、「お役所」みたいな人なので、何でもわからないことは「その道の人」に聞いてばっかり。

ていうか、「餅は餅屋」と同じで、やっぱり専門の人に聞かないとね。

話は戻りますが、そういうこともあるので、この「ギター」、ハロークリーンセンターの職人、淡路島の「目利きのハッカー」に見てもらいました。

ふむふむ。。。

ふむふむ。。。

そうですねえ。。。

。。。

。。。

リアクションが普段から薄すぎるので、彼の反応だけでは何とも言えませんが、そこそこ良いものだったようです。

ハロークリーンセンターは神戸市内中心に拠点としていますが、大阪、京都、場合によっては奈良ぐらいまで行くこともあります。

要望があれば何でもお問い合わせください。

不用品回収・買取といえば、ハロークリーンセンター!

神戸市といえば、ハローリーンセンター!

よろしくお願いします。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

不要になった家具回収

大阪、兵庫の不用品回収【ハロークリーンセンター】です。

皆様、使わなくなった家具などを長年放置していませんか?

不用品、粗大ごみを処分して、もっと有効利用しませんか。

先日は大阪在住の方で家具の処分でお困りのご依頼がありました。

お部屋の模様替えで、新しい家具が欲しいと思い 即購入したそうで、

今まで使っていた家具を処分してほしい!というご依頼でした。

当社がお受けしました内容の家具を回収しましたところ、

とても良い気分転換になったと喜んで頂けました。

買い替えのご相談には、簡単無料お見積もりいたします。

古い家具やグッズをスッキリと無くして、新しい家具をいれてあげましょう。

一品からのご相談もお受けしております。

一人ではなかなか片付けられないというお悩みもお気軽にご相談下さい。

不用品回収と引越 の 営業マン

本日は、足元が悪い中、たくさんの方にご回覧いただきまして、ありがとうございます。

私、カリスマ店長は雨が降ろうが、槍が降ろうが、空が落ちてこようが、出社して皆と「お話タイム」です。

本日は、当社の中でも、一番営業力のある?一番表と裏のある?超演技派営業マンの紹介です。

彼のあだ名は、

「人情の偽善ファイター」!!

彼は、この業界、非常に長いです。20年ぐらいかなあ。。。

だから引越の事も不用品回収の事も、すべて知り尽くしております。

彼の口癖は、「忙しいなあ。。。」です。

1日30回ぐらいは言ってます。

そりゃあ、一番仕事を取ってくるんだから、忙しいのは当たり前!営業だから休日も関係なし!(笑)

本来であれば「トップファイター」と付けたいところですが、何よりも「人情」がありすぎて

熱しやすく、冷めやすいファイターなんです。

これがまた、お客様に好かれる好かれる!

仕事の話しているときは、本人は「真顔」で話しているつもりなんですが、心の中では、常に相手を見下しているんですね。(笑)

まさに「偽善ファイター」!

しかしながら、引越や不用品回収の事は知り尽くしているだけに、ちょっと難しい見積りや問い合わせがあると、皆が「偽善ファイター」を呼べ!

となるわけです。

「訪問見積り」の経験ある人、ない人がいると思いますが、引越や不用品回収も見積りの流れとしては、同じような感じです。

①挨拶(名刺渡す、社員証提示)

②パンフレット渡す

③ご自宅の内、外を拝見(お客様に質問しながら)

④電気工事やその他、付帯要素の確認等

⑤見積書作成、提示

⑥ご成約か連絡待ち の返答いただく

⑦終了

ざっくり説明するとこんな感じです。

是非、皆さん、引越や不用品回収の問い合わせだけでもありましたら、

「カリスマ店長 か 偽善ファイター いますか?」

と聞いてください。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

夜逃げの片づけ in 神戸

外は暑い季節になってまいりました。

とは言っても、私、カリスマ店長は、年中事務所生活のため、快適な温度を保っております。

基本的に筋トレ以外で汗かくのは嫌いなので、常に涼しい環境にいたいわけです。

いきなり、左記のような写真載せてますが、皆は真面目です。

私と違って、ずっと電話、ずっとパソコン!

昨日も書きましたが、私の仕事は「四六時中、皆と話すること」なので、口だけ動いて、手は動かず。。。

で、そろそろ本題ですが、今日は,昨日ありました神戸市での不用品回収の話。

実際現場の写真を載せようかと思いましたが、あまりにも「酷く」、モザイクをかけなければいけないぐらい

でしたので、とりあえず載せることは不可能でございます。

今回の案件は、管理会社からありました「夜逃げ」された後の始末。

私、カリスマ店長も、10年前までは、たまに見積りや現場にも行きましたが、まあ色んな案件があるものです。

そういう現場を見たときに「酷い」と思うのか、「勉強になる」と思うのかは、自分次第。

で、話は戻りますが、この「夜逃げ」案件。

神戸市の某住宅街の中にひっそりとある5階建てマンションです。

部屋を入れば、玄関開けたらすぐに布団。。。布団??はい、布団です。

腰高さぐらいまで生ごみ、その上に布団があります。。。

なかなかハードですね。

とは言っても、我々ハロークリーンセンターは、このような現場など昼飯前です。

2時間で片付きました。

我々の仕事は、ある意味、その人の生活観がわかってしまう仕事です。

それは「状態」だけでなく「物」や「置いている場所」、その他様々な光景で見えてきます。

だからどうという話ではありませんが、今回のような「夜逃げ」案件もしばしばありますし、

やはり世の中にはいろんな人がいるものだと、思う今日この頃です。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

仏壇回収

本日も晴天の中、カリスマ店長は出勤、出勤、出勤です。

私の趣味は、このブログ更新と筋トレ。

それ以外は、社内でスタッフと四六時中「あーでもない、こーでもない」とお話ししているだけです。

ただ、この「お話しているだけ」の中に、大きなヒントがたくさんあるわけです。

例えば、今日の本題「仏壇回収」。

近年、「空き家対策」が問題になっている中で、やはり「実家の片づけ」の問い合わせが増えてきました。

ご実家が空き家になってしまい、気づけば「仏壇」もそのまま。

こういうときには、我々、ハロークリーンセンター の出動です。

仏壇の回収以外に、「閉眼供養」も承ってます。

いわゆる「魂抜き」です。

そもそも、もっと根本的に考えて、この「ご供養の大切さ」というのは、どこから来たんでしょうか。。。

大切な人がお亡くなりになった後、戒名や享年など位牌に記してますよね。

これはまさに故人の「代わり」になるからというのも理由ですが、もう一つ。

そもそも仏教ってインドから生まれました。

で、中国から日本へ来たわけです。

でも、インドで生まれた時から仏壇ってあったんですかね?供養ってあったんですかね?

なわけない!ですよね。

日本は、仏教が来るもっと古代から「神々を信仰する」風習があったんですね。

それから仏教がやってきた。

知らぬ間にこの「神々を信仰する」ことが独自に取り入れられていったんです。

このような歴史的な背景から、「お仏壇は先祖たちを供養する場所」となったわけですね。

因みに、こんな感じです。

↓↓↓



我々、ハロークリーンセンターでは、ご供養後に左記の写真や「供養証明」というのを

送付しています。

お客様一人一人の「お気持ち」を形にさせていただくことによって、「安心」をいただいております。

何かご質問がございましたら、お電話にて「カリスマ店長お願いします」と言っていただければ、

対応させていただきます。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

買取・回収

毎週日曜日だけ、朝から晩まで「ひたすら食べる」カリスマ店長です。

日曜日以外は、白米食べません。炭水化物も決まったものからしか摂りません。

。。。

。。。

ていうか、そんな話はどうでもいい!!

本題、本題!

昨日に引き続き、本日も「古物」の話の延長です。

お話ししたように、我々ハロークリーンセンターは、古物を取り扱っている業者です。

見積書にもこの通り!

↓↓↓



許可証の番号、約款まで明記しています。

やはり「信用」が一番大事ですからね。

で、

話変わって、早速、今日の買取品の掲載をしてみたいと思います。

これこれ!

↓↓↓



当社には、ある意味「職人さん」が数名いまして、その中でも、淡路島出身の「目利きのハッカー」の異名を持つ担当者がこれを見て

「いいですね~!これ!」

と自慢げに私に話してきました。。。

さて、いかほどになるかはわかりません。。。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

古物商

皆さん、こんにちわ。

本日もカリスマ店長からの投稿!

本日は、我々ハロークリーンセンターが古物を扱う業者として、初歩的な部分の説明をしてみたいと思います。

古物と言えば中古品を思い浮かべると思いますが、実際は新品でも状況によっては古物となることもあります。

また逆に、中古品でも取引状況や種類によっては古物にならないこともあります。

この記事を読んでいる人は自分の扱おうとする物品が古物に該当するのか気になっているのではないでしょうか?

古物とは下記のいずれかに該当する場合をいいます。

  1. 一度使用されたもの
  2. 一度も使われてはいないが、使うために取引されたもの
  3. 上記の物品に対し、「幾分の手入れ」をしたもの
例えばパソコンを使う目的で購入したが、結局使わずに新品のままというのは古物に当たります。

逆に販売店が販売目的でパソコンを購入して使用していないという場合は古物に当たりません。

何となく少しはわかりましたでしょうか?

いきなりアレもコレも書くと、覚えにくいと思いますので、本日はここまで。

で、見ての通り

↓↓↓



我々、ハロークリーンセンターの営業マン、全員保持していいます。

こういったのもお客様には証明していますので、何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

ゴミ屋敷

たまに聞く「ゴミ屋敷」という言葉。

皆さんは、どのようなイメージをされますか?

私、カリスマ店長も入社した時は、現場も色々行きました。

この仕事をして、人生で初めて「ゴミ屋敷」というのを体験しました。

何でもそうですが、「1度体験する」と、それからのことが少々の事では動じなくなります。

まあ、その時の体験がある意味良かったかどうかはわかりませんが、意外と「その程度か」と思ったりします。

とは言え、やはり衛生的にも、その他の事でも支障が必ず出ます。

ここで皆様に改めて言うことは、我々の仕事は、「リサイクル、リユース」等が前提であること。

ですので、上記写真のようないわゆる「ゴミ屋敷」という現場でも何かしら我々の仕事ができることはあります。

世の中、環境保全のために、「リサイクル」という言葉に敏感になっている部分があります。

ですので、我々も少しでも貢献できるよう、日々リサイクル、リユース等できるように細かく仕分けしながら、

世の中へ流通させています。

「ゴミ屋敷」という表現は、その人を非難しているように聞こえる部分もあるかもしれませんが、ここでの表現は、あくま

でも、「イメージ」などを主体に考えた表現であることをご了承ください。

ではでは。。。今日はこの辺で。。。

BY カリスマ店長

不用品回収

皆様、こんにちわ。

昨日に引き続いて、カリスマ店長の登場です。

皆様、知ってか知らないか、我々、ハロークリーンセンターは、「アリさんマークの引越社」様と提携させていただいております。

「不用品回収」の現場は様々です。

1点ものからの回収、引越に伴う処分、遺品整理、ゴミ屋敷など。。。

様々な状況があります。

何か処分するとなったとき、行政の案内で「決められた場所」に持っていき、シールを買って張ったり。。。

いろいろ手間なことはあります。

家電関係についても、前回話したような「家電リサイクル法」に基づいての方法で処理をしなければいけません。

アリさんマークの引越社様であれば、引越する際に「不用品処分」も引き受けてくれます。

そして、提携している我々の出動です。

こういった提携業者というのを増やしていきますので、私、「カリスマ店長の営業」はまだまだこれからです。

ではでは。。。

BY カリスマ店長

家電リサイクル

皆さん、大変長らくお待たせいたしまして、申し訳ありません。
(特に「待って」ないと思いますが。。。)

私、ハロークリーンセンターの「カリスマ店長」は毎日毎日、仕事を追って追われて、勉強勉強・・・すっかりブログ手つかず。。。約2年ほど登場しておりませんでした。
また地味にこれから登場して、地味に長々文章書きますので、よろしくお願いします。

ここで、ちょっとおさらい。

皆さんの身近な話から。。。

まずは、冒頭にある「家電リサイクル法」について。

廃棄物の減量と資源の有効利用を通じて循環型経済社会を実現するため、特定家庭用機器廃棄物のリサイクル促進のための仕組みである「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」は平成 13 年4月に本格施行され、平成 30 年3月で 17 年が経過しました。
法施行後累計の特定家庭用機器廃棄物の引取台数は、平成 21 年 11 月に1億台を突破、
平成 30 年3月には2億2千万台を突破しました。また、製造業者等によるリサイクル技術の向上等により、再商品化率は法施行時の平成 13 年度の 66%から平成 29 年度は 86%にまで上昇しています。

このように家電リサイクルは、廃棄物の適正処理・削減及び再生資源の有効利用を進めることにより、環境と経済が両立した循環型社会システムの構築に貢献しています。

一概に「不用品」、「処分」という言葉を耳にしますが、ここでは家電の話ですが、こういった「リサイクル」をすることにより、それが社会貢献になっているということを、皆様も覚えておいてください。

ではでは。。。また次回。

BY カリスマ店長

着物の回収・買取なら

いよいよ夏がやってきますね。

京都では7月に祇園祭があるためか、
一足早く浴衣を着た人を見かけるようになりました。
夏に着てみたいのはやっぱり、浴衣ですよね。

使わなくなった浴衣、着物、帯(つくり帯など)、和装小物ありませんか?

〇タンスやクローゼットに眠っている
〇お店で高く買ったけど古くて今はもう着れない
〇友人に頂いたがサイズが合わず一度も着ていない物
全て買取・回収させていただきます。

子供着物、その他着物用の和装小物
(かんざし、ハギレ、襦袢、帯留め、羽織、下駄…)などどんなお品でも可能です。
リサイクルショップで、買い取ってもえなかった物でも買取・回収致します。

「着物用でもあれは回収してくれるかどうか・・・」と気になっている方。
お気軽にハロークリーンセンターまでご連絡下さい。

環境月間

環境月間という言葉は聞いたことがありますか?
我が国では、6月5日を「環境の日」と定め、
これを中心とする6月は「環境月間」と言われています。
全国各地で様々な環境関連イベントが実施されているようですね。

環境のためにできることは不用品を処分することです。
大切な自然を守るために必要なことを考えて、
ご自身でも身の周りの整理を見直してみませんか?

ペットボトル、ビール瓶、空き缶、新聞紙、書類、雑誌など・・・

ご存知だと思いますが、これらの今まで廃棄物として最終処分されてきた物も細かく
分別することによって、新しい資源として生まれ変わることが出来ます。
また6年前には小型家電といったプラスチック製品にもできる限りの
再資源化の促進する法律も施行されました。

ちょっとした整理をすることで環境にも心にも体にもやさしく、
不用品は責任を持って回収・買取させていただきます。
ぜひ一度ご検討、お気軽にお問い合わせください。

傘が溜まる前に

雨の日をどのようにお過ごしでしょうか。
今月は梅雨の時期ですね。

先日、大量の傘などを不用品回収させていただきました。
大量の傘、特にビニール傘は買った日でしか差さない使い捨て感覚になり、
雨が降った次の日にどんどん溜まっていってしまうことも・・・

そんな時こそ回収させていただきます。
壊れた傘、そのまま傘立てごとも回収可能です。

かさばっていく前に減らして整理しておきたいですね。

傘の回収はハロークリーンセンターまでご相談ください。

Home > アーカイブ > 2019-06

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ