Home > アーカイブ > 2019-02

2019-02

不用品回収の役目

不用品と言っても大小様々なものがあります。

生活家電や家具寝具と数えるとキリがありません。
引越しや家移りの時は新しい物を新調する方が比較的多いので、
その度に不用品回収の業者に依頼する必要があります。
劣化や修理コストを考えると定期的に新しい家電や家具を買い換えは
消費者や販売店、もっと言えば、社会全体にとって素晴らしいことです。

使わなくなった物は適切に廃棄、もしくは再利用をしなければ資源の無駄遣いとなってしまう為、不用品回収は大切なことだと思います。とはいっても個人で不用品を処分することは困難な場合もあるので、そういった場合は我々ハロークリーンセンターまでご連絡ください。

一般家庭ごみで処分できずに不用品回収に出す品物はタンス等の大型家具や冷蔵庫等の大型家電の場合が多いので、一人で運搬するのは容易ではありませんのでその際は当社までお気軽にご相談ください。。
無料で査定もしておりますので、お気軽にお問合せください。

家丸ごと

ハロークリーンセンターなら、ゴミ屋敷の片付けはもちろん、
その後のハウスクリーニングまでトータルに承ります。

不用品回収においては分別や梱包等、一切不要です。
また、買取可能なものはリサイクル品として買取もいたしますので、
無駄なく格安で1軒丸ごときれいにできます。

遺品整理などの場合は、形見分けまで行ない、個別配送も可能です。

遺品整理のサイトも御社ホームページから見ることが出来ます。
お気軽にご相談ください。

「宇治にてお仕事」

本日はバレンタインデーですね。

私はいくつ頂けるのか楽しみにしています。

まだまだ寒いですね。外出の際はお気を付け下さい。

先日、京都府宇治市にお住いのお客様から不用品回収のご依頼がありました。
ご依頼内容は、使わなくなった古い食器棚と家具です。

ハロークリーンセンターでは、1点から回収も承っております。

お気軽にお問い合わせください。

「防災用品」

安全で使わないのであれば、それでいいのですが

消火器にも耐用年数があるのはご存じでしょうか。

一般の消化器ではおよそ10年だといわれています。

10年以内でもさびや傷などある場合は早めに処分されたほうがいいです。

古くなった消火器で破裂事故もあったそうなので、

一度お家の消火器の確認をしましょう。

また防災の備蓄品や防災用品のセットを買ったものの年月が経過した物が

あるかと思います。

もし古くなっているなら、当社でも回収をおこなっていますのでご連絡ください。

Home > アーカイブ > 2019-02

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ