Home > アーカイブ > 2019-12

2019-12

本年もありがとうございました。

病気がちな僕も、復活間近!カリスマ店長です。

本年もありがとうございました。

長くて短い1年でした。

当社のHP、まだまだ改良していきます。

さらにさらに、何か新しい事業も考えねばなりません。

また1からリセットして頑張ります。


先日載せましたが、本年は



31日は電話受付のみ  8:00~17:00ぐらい

1月1日、2日      休み

1月3日        8:00~17:00ぐらい

1月4日        通常営業


となります。

よろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。


BY カリスマ店長

古紙回収  神戸市

「真冬」到来なのに、上着のジャンバーの下はいつも半袖 カリスマ店長です。

先日、テレビで

「悪徳古紙回収業者」

について、追跡番組がやってました。

名古屋市内で民間が出した古紙を回収して、様々なところを経由して、最終的に大阪の岸和田市内に持ち込んでました。

「古紙」って買取してくれる業者がありますからね。

ん~、だいたいどんなもんでしょうね~。。。

その業者にもよりますが、例えば、

「雑誌」なら 1円/KG

「新聞」なら 3円/KG

「段ボール」なら 2円/KG

などなど。。。

通常、古紙など決まったところへ持っていき、決まった業者が持ち帰ります。

そこで生まれたお金は、その区域の民間の方々へ様々な形で還元されたりするのですが、

この番組の業者は、深夜3時や4時に指定場所へ行って回収したり、中には白昼堂々と回収したり。。。

それを4T平のトラックに載せるだけ載せて、「買取」してくれる業者あります。

結局は業者も「重量」で勝負するような感じですから、たくさん回収したほうが得なわけです。

神戸市でも、そういった悪徳業者に対して様々な対策を行っています。

警告文書を張ったり、防犯カメラを付けたりと、対策しているようですが、

やはり色々問題があるようです。

皆さんも、ご自身が出される「資源ごみ」の行方、決まった業者が取りに来ているかどうか、

ちょっとだけ気にしてみてはどうでしょうか。。。


BY カリスマ店長


                                                                                                         







単品回収~家財丸ごと回収 神戸市

大晦日は近づいても、筋肉痛は近づいてこない カリスマ店長です。

本日は、朝から問い合わせが多いですね。

「カセットボンベの回収お願いします。」

「タンスの回収をお願いします。」

「今月末までに出ないといけないので、部屋の中の物、全て回収お願いします。」

「来月中旬に引越したいので、今日見積りに来てもらえますか?」

・・・
・・・

やはり年末+月末だからでしょうか。。。非常に問い合わせが多いですね。

当社は、単品~一軒家まるごと回収しております。

不用品回収業者は、家財等はどの業者も普通に回収すると思います。

が、

当社は、幅広く様々なものを回収しております。

カセットボンベ。。。なんかこれ、多いんです。

昨日も「30本回収お願いします。。。」と。

本日も「20本回収お願いします。。。」と。

なんかあったのかなあ。。。

決まってお話しされるのが「色々大掃除で片付けしていて。。。」と。

これだけ聞いてしまうと、自分もやらないといけないみたいな雰囲気になります。

とは言っても、僕は毎年、大晦日に会社の大掃除をしておりますから、ご安心を。

自宅は。。。

。。。

今年ももう少しですが、何かあれば遠慮なく、どんどんお問い合わせください。


BY カリスマ店長



年末年始営業

胃カメラでポリープを採取して病理にまわされたカリスマ店長です。

当社の年末年始についてですが、土壇場まで検討中。。。

先日、このBLOGで12月31日、1月2日、3日は電話受付のみと記載しましたが、

ちょっと色々検討しておりまして、

「こうなったら土壇場まで検討してやろう!」

みたいな感じです。

今は、営業時間外は自動音声対応となっていますので、なるべく早いところ決めて、設定もしないといけません。

今しばらくお待ちください。。。


BY カリスマ店長

当社にお任せ下さい

不用品の処分でありがちなこととして、
部屋の破損によるトラブルがあります。
小さく軽いごみの処分なら、
どんな人でも手軽に処分できます。
しかし、下記のようなものは、
簡単に処分することはできません。

    記
①木製の大きく重たい戸棚。
②昔ながらの重量のあるタンス。
③鉄製・木製の重たい勉強用デスク。
④冷蔵庫や洗濯機などの重たく大きな家電。
上記のようなものを
作業に慣れない方が処分をしようとすると、
壁にものをあててしまい壁紙を破ってしまったり、
大きな穴を開けてしまうなどの
トラブルが発生してしまうことがあります。

特に、重量のあるものは、
持ち運ぶだけでも一苦労です。
安全に作業できていると思っても、
作業後に床を確認すると
大きく目立つ傷ができていることはよくあることです。
自分で不用品を処分しようとした結果、
壁紙の修繕費の方が高くついてしまっては、
なんのために自力で作業をしたのか
分からなくなってしまいます。

不用品の処分やものの扱い慣れた
不用品回収業者に依頼すれば、
部屋を破損することなく、
必要最小限のコストでごみの処分ができます。




テレビの時代   

真冬は、ダウンジャケットの下はTシャツのみ  カリスマ店長 です。

いよいよ年末年始の休みが近づいて来ました。

昨日に引き続いて、本日も朝から問い合わせが多くあります。

さて、本日のお客様は。。。

「ブラウン管TV回収してほしい」という内容でした。

そもそもブラウン管テレビって、もう少ないですよね。

僕も何となく、幼稚園のときの記憶があって、ガチャガチャと回るところを回してチャンネル変えて、

時折、ザーッという画面の音とともに見えずらくなってた記憶があります。。。

「テレビ」の普及は時代とともに、急速に変化していきました。

90年代までは、画面サイズの比率4:3が主流でしたが、その後は16:9に移行しています。

過去のテレビと現在のテレビ、そのサイズはどのくらい違うのかを比較してみました。

テレビの画面サイズ、昔と今では表記の仕方が違います。

「形・型」から「v型」へ変更

昔のテレビは、フレームに隠れているブラウン管のサイズを「形」または「型」として表記していました。

現在は実際に映像が表示される画面のみのサイズ”Visual Size”のvをとって「v型」と表記されています。

「型」は画面の対角寸法

型=インチは、1インチ=2.54cmで計測されています。

日本では「インチ」で仕様表記を行わないため、「型」で記載されています。




2000年代に薄型テレビが登場すると、テレビは急速に大画面化が進みます。 しかし、テレビを置くための大掛かりなレイアウト変更は不要でした。

理由は「薄型」にあります。ブラウン管の奥行きが無くなった分だけ、薄型テレビは大画面ながらも、同じ場所に置けるからです。

ブラウン管は年代ごとに改良され、できるだけ奥行きを抑えたものも登場しました。

しかし、1990年以降の大画面化では奥行き60cm、質量90kgを超える製品も登場しています。

2000年以降の薄型大画面になると、奥行きは驚異的に減少し、壁掛け設置などの新しいスタイルもできるようになりました。

僕も大画面に憧れてしまい、ついつい65インチのTVに手を出してしまいました。

今の時代、「薄型」で「軽量」が流行りなのでしょうね。

パソコンの画面も同じような感じです。

まだまだ進化するTV業界。

各メーカー、今後もどのような商品が出てくるのか、楽しみですね。


BY カリスマ店長

家財処分  神戸市中央区

トイレの時、尿の色で、飲んでいるビタミンが効いているか、効いていないか判断するカリスマ店長です。

月末、残り1週間、奇跡の追い上げを見せております。

というか、「電話受付」の問い合わせが多い!多い!

年末だからでしょうか。

本日も、朝の7時ごろから早速問い合わせ。


「あ、あの~、朝早くからすいません。」

当社「6:15~空いてますので大丈夫ですよ。いかがされました?」

「この12月中に片づけをしたいのですが、家財処分とか大丈夫ですか?」

当社「ありがとうございます。内容はどういった内容になりますでしょうか?」

「~と、~と、~の回収をお願いします。」

当社「ありがとうございます。地域はどちらの方ですか?」

「神戸市中央区です。」

当社「でしたら合計で~円となります。最短本日訪問可能です。」

「非常に助かります。では本日お願い致します。」


という流れで、話が決まっていくんですね。

結局は、「タイミング」大切です。

お客様のタイミングに合うかどうか。

当社の強みは「即日対応」可能。

どれだけの不要品も置いておけるスペースあります。

遠慮なくお問い合わせください。


BY カリスマ店長

スプレー缶回収 神戸市

毎月29日は「肉の日」と勝手に決めつけているカリスマ店長です。

以前から「スプレー缶の回収」についての話をいくつかあげておりますが、

ルールを守らずに出された「カセットボンベ・スプレー缶」が、主な原因と考えられる

ごみ収集車等の発火事故が依然発生しています。


原因は、カセットボンベやスプレー缶が最後まで使い切らないまま、ガスを抜かずに

他の「燃えないごみ」と同じ袋に入れて出され、ごみ収集車の中で押しつぶされた際、

漏れたガスに火花が飛んで起こると考えられています。


発火事故は、職員の負傷や収集車両の損壊を引き起こすだけでなく、近くを通行されている方や周辺の家屋などに被害がおよぶ恐れもあり大変危険です。

お問い合わせを受ける際も、かなりの数をまとめて「処分」される方がほとんどです。

必ず未然に防ぐことができる処理方法なので、慌てず急がず対応方法をきちんとしておく必要があります。

年金問題

「70歳定年」

これには賛成です。

昔と違って、今の70 歳は身体もまだまだ動く。

「60歳定年」の今、第2の人生を歩むために60歳から仕事を探すのは本当に大変。

国民年金の支給年齢が引き上げれることはわかっていました。

これを盾にして「安倍政権」を批判しても、仕方ないんです。

安倍政権の前から、もう「年金問題」は、深刻な状態に陥っていました。

「大変な」ではなく「深刻」な状態です。

国の、国家運営が失敗したんです。

なぜ、そうなったのかは、決して明かされません。

国は、国民に公約した年金を支給することができません。

「老後は年金で安心」

それを謳った時代は、もう消えました。

日本が、日本国を維持するためには年金を支給することはできません。


国には、

「年金を支給できるお金がない。その代わり消費税10%を廃止し、様々な税金の引き下げの見直しをする」

こう、言ってもらいたいかな。

僕は「消費税10%」が、この国の動力を、失わせるような気がしてなりません。

「定年70歳」を、国が企業に援助し、

老後の不安を少しでも軽減させてあげることの方が大切だと思っています。

この国には「国民年金」を支払うお金はありません。

この話、知ってる人は、もう知ってる。。。

また、この話は、機会を見てお伝えいたしますね。。。

年末大掃除 即日対応

完全体まであと少し。。。カリスマ店長です。

年の瀬が近づくにつれ、バタバタとしてきましたね。

電話の鳴る回数も多くなり、「当日回収」「即日対応」を頼りに、お問い合わせをいただいております。

「年末」と「月末」が重なり、大掃除ということで取り組んでおられる方がほとんどです。

意外に知られていないのは、細かい物の回収。

ライター

植木

ブロック

スプレー缶

消火器

などなど。。。

これ全部当社で回収できます。

何といっても「即日対応」が魅力です。

まずは、一本電話をください。。。

そこから考えましょう!!


BY カリスマ店長

プロにお任せを

ハロークリーンセンターは不用品回収のプロです。
今回の依頼は、使わなくなった
家具・家電製品や日用品が溜まってしまったので
引き取ってほしいという内容でした。
一般的なご家庭の不用品であればどんなものでも
まとめて回収させていただきます。

今回は多種多様な品物を回収させていただき、
お客様からは一度で片付いてとても助かったと、
お礼のお言葉も頂戴しました。
品物を運び出すにはトータルで
約1時間の時間を要しました。
スピーディーな作業も当社の強みです。
毎回お客様からは大変驚かれます。

皆さんの暮らしに密接したサービスを
提案し続けている当社では、
お客様に満足していただける事が何より第一です。
「部屋を片付けたい、でも重くて一人では運べない」
「量が多くて色んなものがごちゃ混ぜで処分の仕方がわからない」
などお困りの場合は、ハロークリーンセンターへご相談ください。

すべての不用品を積み終えた後は、
空っぽだったトラックがゴミ袋だらけで、
満杯状態になってしまいました。
それほど多くの不用品を回収いたしましたので、
今回の不用品回収作業にかかった時間は約3時間でした。
予定していたよりも早く不用品回収作業が終わりましたので、
ご依頼いただいた当社の不用品回収サービスが
お客様のお役に立っていると実感できて、
こちらも嬉しい気持ちになりました。

Gマーク認定

熱が出て1週間。。。まだまだ治らず、トレーニングも行けずもがいているカリスマ店長です。

先日、「Gマーク(安全性優良事業所)」の認定を頂きました。

ありがとうございます。



①安全性に対する法令の遵守状況(配点40点)(基準点数32点)
・地方実施機関の巡回指導結果
・運輸安全マネジメント取組状況

② 事故や違反の状況 (配点40点)(基準点数21点)
・重大事故、行政処分の状況

③ 安全性に対する取組の積極性(配点20点)(基準点数12点)
・安全対策会議の実施、運転者の教育などの取組の自己申告事項

色々評価されての物です。

時折、グチグチと安全運転については言ったり、講習したりしてますので、ある意味「必然」の結果かなと。

逆に、取れなかったら「何しとんじゃ!」と僕が責められてしまいますので、良かった良かった。

コレを機に、皆に今後も精進してもらえる環境作りが大切です。

BY カリスマ店長

神戸市不用品回収 空家

先週から「熱が下がらない」カリスマ店長です。

今、深刻化になりつつある「空家問題」。

市町村で一部取り組んでいるところがあり、本日は神戸市の取り組み内容の紹介です。


補助制度の概要

活用等の見込みが乏しい腐朽や破損が生じている老朽空き家や、その予備軍である建替等が困難な老朽家屋の早期解体を促進することにより、
空き家が放置され周辺の生活環境へ悪影響を及ぼすことを未然に防ぐなど健全で快適なまちづくりを推進することを目的とした補助制度です。


補助の条件

神戸市内にある家屋

解体(申請)しようとする家屋で、昭和56年5月31日以前に着工された家屋(用途・構造は問いません)
次の号のいずれかに該当すること。

・屋根、外壁若しくは基礎等に腐朽又は破損のある空き家
・腐朽又は破損のある3年以上の空き家
・幅2メートル未満の道路のみに接する敷地に建つ家屋
・面積60平方メートル未満の土地に建つ家屋


補助対象
老朽空家等の解体は、建設業法による許可又は建設リサイクル法による登録を得た解体工事業者等へ請け負わせ、原則として敷地全体を更地の状態にすること。
(ただし、安全上やむを得ない時は、除く場合があります。)が条件です。


補助金交付の対象経費
老朽空き家等の解体除却費(家財道具などの動産物は除く)
老朽空き家等が建つ敷地内の門塀等の撤去費
老朽空き家等が建つ敷地内の立木の伐採費(草刈費は除く)


以上のような条件で、神戸市に申請できるわけです。

参考までに、皆さんも考えてみてください。


BY カリスマ店長

リフォーム  バックナンバー VOL.2

喉の痛みは来ても、筋肉痛の痛みは来ないカリスマ店長です。

本日もバックナンバーの投稿。


リビングをリフォームされるとの事で、食器棚、テーブル等の一時預かりの
ご用命を受け賜りました。

リビングは30畳近くあり、結構大きな食器棚がありました。
勿論そのまま生活をされるわけでありますから、
必要最低限の食器等は残されております。
食器棚は、ご結婚時にご購入された思い入れのある品だとの事でしたので、
大切に扱われており運搬時に傷がつく事を心配されておられました。
どこのお宅でも、思い入れがあって捨てることができない、
「高価な物だしまた使用するかもしれない。

などなど処分にお困りのお品はありませんか?

弊社は、不用品回収・荷物の一時預かりにお伺いするスタッフは全員引越しのプロです。
又、必要に応じて買取もさせていただいております。
一時預かりするお荷物を運びだす際も、傷をつけずに丁寧に手際よく作業を行なうことはもちろん、
お部屋まで上がらせていただくからこそ、終始マナーを忘れず作業を行なうことも忘れません。

大事な荷物の一時預かりは、是非当社にご相談下さい


BY カリスマ店長

金庫の処分

昨日の体調不良から一夜、本日も体調不良なカリスマ店長です。

今や様々な金庫が昔に比べて、家庭内でもあるようになってきました。

耐久性もだいぶ違いがあり、これもメーカーによって様々です。

需要あるところは「反対の需要」も出てくるもので、「~ほしい」に対して「~いらない」というわけです。

ということは、金庫が必要な方がいるという事は、逆にいらない方もいるわけです。



「金庫って、どう処分したらいいの…?」
「ダイヤルが壊れた金庫、どうしよう…」

金庫の処分って、どうすればいいのかよくわからず、困ってしまいますよね。

金庫の処分で、まず知っておくべき大事なことは、「耐火金庫は粗大ゴミとして捨てられない」ということ。

耐火金庫として認められるには、以下のJIS規格の試験をクリアしないといけません。

「火災発生から2時間、金庫内の温度が177度以下」
「9.1mの衝撃落下試験に合格」

これは、日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会によって決められた基準です。

古い金庫をお持ちの場合は、まずは処分する方向で検討しましょう。

金庫には、耐火性能や防盗性能を担保する有効期限の定めがあります。
一般的には、耐火金庫の寿命は20年。「製造時から20年たつと、性能が20%落ちる」と言われています。

つまり火災が起きても、金庫の中身を守ることができなくなるんですね。

そのため、古い金庫を売りたいと思っても、買い取ってくれるところがない…というのが現実です。

逆に新しい金庫の場合は、売れる可能性があるので、売る=買取ってもらう方向で考えると良いと思います。

その他、重量のある金庫200KG~500KG程度は、「下見」に伺う場合があります。

その場合は、お伺いさせていただきました際に、物だけではなく「動線」やエレベーターの耐久重量なども

チェックさせていただき作業しますので、まずはお問い合わせください。

BY カリスマ店長

Home > アーカイブ > 2019-12

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ