Home > 神戸市不用品

神戸市不用品 Archive

ペンキ(塗料)回収 産業廃棄物 

健康診断の時、体脂肪は19%、体重が重い(現在90KG)だけで、一人別の部屋へ呼ばれるカリスマ店長です。

工業系の会社様などから、時折、問い合わせがある「塗料」の回収。

所謂、ペンキ、塗料スプレー、その他、工業関係で使われたりするものです。

もちろん回収は可能ですが、当社の場合、引き取りしてきて、塗料やスプレー類は「中身を出し」ます。

結構、その分手間賃が必要になるので、少し高めになります。

一斗缶であれば2500円程度~

スプレー缶は大きさにより1本300円~500円

となります。

よく似た問い合わせでは、「ライター」もそうですね。

ライターは1個50円~

事業から出る廃棄物として、上記のような物の回収が多いのですが、

その他、様々あれば、とりあえず相談いただければ助かります。

遠慮なくお問い合わせください。


BY カリスマ店長


エアコン買取  神戸市兵庫区

右腕が筋挫傷を起こして、ゴミ箱のフタすら開けれないカリスマ店長です。

最近、エアコン買取希望の方が増えてきました。

年式、容量、メーカー。。。

判断基準は、様々です。

一番お手軽で、大体の家庭に備わっているのが、容量10畳以下のエアコンです。

最新モデルや、メーカーによっても変わりますが、新品で買うと大体約4万円~15万円です。

状態がよく、あまり年数がたっていないものであれば、人気メーカーで3万円以上高く買取ってくれるところもあります。

意外と高く売れるので、それだけ中古でも需要があるということでしょう。

今や広いリビングがもてはやされて、エアコンも容量が大きいものが増えてきました。

マンションだと少し広めのワンルームでも使用されるようになってきました。お値段も高めで、大体約10万円~20万円です。

買取価格はその分高めの2万円~5万円くらいの設定になっているので、新しいエアコンを買う足しになります。

さらに状態がよければ、8万円以上の買取もあるでしょう。

こちらも需要が高くなってきているので、状態がよければさらに高く買取ってくれるでしょう。

メーカーと年式。

ここが重要です。

エアコンの話とは少し反れますが、同じ白物家電は、やはりそれぞれ「国産品」が強い傾向なります。

強い=需要

を表します。

夏場がシーズンだと思いますが、夏の手前の5月、6月などに買取希望の依頼してみると、意外に

高く買い取ってくれるかもしれません。

聞くだけであれば無料ですから、一度問い合わせしてみてください。


BY カリスマ店長

神戸市須磨区  不用品回収

オフの日は、基本的にインドア生活を楽しむカリスマ店長です。

本日は須磨区からの情報です。

現在の須磨区の南西端は、鉢伏山が須磨の海にもっとも近づいており、山と海の間には、JR、山陽電鉄の鉄道線路と国道2号があるだけです。

この場所は現在、平地となっていますが、奈良時代までは、海岸線が非常に入りくんだ地形だったといわれており、畿内の平地の「すみ」というところから、

「すみ」がなまって「すま」になったと言われています。

他にも諏訪(すわ)神社の「すわ」がなまって「すま」になったなどの説もあります。

本日の現場は、JR須磨駅から北へ500Mほど歩いたところ。軽トラで上から回って行けるところですが、狭いのなんの。

物量は4T分。

この場合、「軽トラかき出し」の作業ですが、時間帯や人の流れで、軽トラと当社の作業場ピストンに変更して、4台でぐるぐる回しました。

意外に早く、2時間30分程度で終了しました。

我々の作業もその時々によって変えていくため、臨機応変に対応しています。

条件(道幅やその他)が悪くても問題ありません。

適正な見積りと適正な作業でさせていただきますので、遠慮なくまずはお問い合わせください。


BY カリスマ店長

神戸市中央区 不用品回収

朝起きて毎日「アミノ酸を飲む」事から始めているカリスマ店長です。

神戸市中央区で処分の引き取りに伺いました。

今回の現場内容は、年式でいうと2~3年落ちの家電類が多く、

家具類も家電同様の使用感で傷もなく、綺麗に使用されておりました。

但し、家電の一部は「中国製」の物で、家具類も一部「ニトリ」や「IKEA」家具でした。

トラックの大きさでいうと、2トンショート車分ぐらいの物がありました。

今回は、家電家具中心で、小物類はありません。

結果、「無料引取」で全て引き取りさせていただきました。

使用感があまりなく、年式もそんなに経過していなければ、買取できなくても

「無料引取」がこのようにできる場合があります。

ですので、まずは見積り相談の上、是非、お問い合わせください。

BY カリスマ店長                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

トランクルーム 一時保管  処分

ジムに行くと、やたらとケガの話で盛り上がるカリスマ店長です。

先日もお伝えしましたが、当社は

引越

処分

トランクルーム

を兼ね揃えた会社です。

以外に「処分」という内容は引越よりも多く、さらには「引越には付き物」みたいな感じで、需要があります。

運よく、当社はもともと「福住引越センター」という引越屋さんが母体となり、動いております。

引越をしていると、処分以外に「トランクルーム」の需要があることに気づきました。

預かるスペースがあると、リフォーム等で一時的に荷物を弾くときに利用できたり、

さらには、何年も「預けっぱなし」もできるわけです。

当社には膨大なトランクルームの数も、一時預かるスペースも所有しております。





利用される方の中には、一度荷物を預けられて、その後「やっぱり処分してほしい」という方もおられます。

そういう方にも、当社が全て対応致しますので、ご安心ください。

他社様でされている「委託運営」等はせず、「すべてが自社管理」というところが、当社の大きなメリットであります。

何かありましたら、いつでも相談ください。

BY カリスマ店長

循環型社会    バックナンバー vol.1

電車に乗って、吊革持ったとき、上腕二頭筋の発達を確かめるカリスマ店長です。

だいぶ前に書いた記事を読み返していると、意外に何度も伝えておいた方が良いかな。。。

と、いうような記事が複数ありましたので、極稀に再掲載させていただきます。


以下は、バックナンバー vol.1

↓↓↓




いつもこのブログを作成するときに、気を付けていることは、まずは「タイトル」ですかね。
結構、皆様から色々話をいただくのですが、「内容」については意外に「考えていない」です。

というのは、割と「これを書く」と決めたら、頭の中にある「ある程度の内容」を文字にして
並べたら良いだけなので、結構ラクです。


あとは、あまり難しい言葉を並べず、ある意味ラフに、良い意味で大雑把に書いたほうが、見ている人もわかりやすいかと。。。


さて、本日の「タイトル」は循環型社会について。

世の中の環境への負担を減らすため、自然界から採取する資源をできるだけ少なくし、それを有効に使うことによって、廃棄されるものを最小限に抑える社会を指します。

先日、このブログでも伝えました3R(Reduce、Reuse、Recycle)を推進することで、地球と環境の自然な循環を、2000年に成立した循環型社会形成促進基本法をもとに、エコロジーやスローライフといったひとつのライフスタイルとしても、広く認知されてきています。

我々、ハロークリーンセンターの仕事は、こういった 循環型社会 への貢献の一つとして
日々3Rの作業に取り組んでおります。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長 

カセットボンベ スプレー缶 処分  神戸市

1日3度の飯と3度のプロテインが主流なカリスマ店長です。

処分しにくい物。。。たくさんありますからね。

たとえば、スプレー缶やカセットボンベ、ペンキ一斗缶、消火器など。。。

最近、また「スプレー缶」ブームになってきました。

基本的な処分の仕方等は以下の通り。


スプレー缶に中身の出し方が書いてある場合は、その通りにしてください。

残ったガスを出し切るための「中身排出機構(残ガス排出機構)」がついている場合があります。

※スプレー缶の中身を出すときは、新聞紙やボロ布を巻きつけるなどして中身が飛び散って周囲を汚したりしないような工夫が必要。

※中身を出すときは、火の気のない、風通しのよい屋外でカセットボンベを振って「シャカシャカ」と音がしたら、まだガスが残っています。

中身が残ったまま出すと、発火事故の原因となり大変危険です。

穴をあける道具はスーパーやホームセンターなどで買えます。

中身が残ったままの状態で穴をあけたり、火の気があるところや、風通しの悪い屋内で穴を空けることは、非常に危険です。

他のごみと絶対に混ぜないでください。

月2回、「燃えないゴミ」として出しましょう。

時折、大事故になる「スプレー缶(またはカセットボンベ)」。

決まった日に、決められた処理をして、出すようにしましょう。


BY  カリスマ店長

神戸市不要品回収 整理整頓 LINE

映画 ハリーポッターシリーズで、「ハリーポッターと失われた大胸筋」というのを見てみたい カリスマ店長です。

本日は日曜日のため、穏やかな朝を迎えております。

朝2:30起きからの、ブラックコーヒー飲んで、脂肪燃焼促進からの、肩肩肩!トレーニング!

トレーニング後に、さらにエナジードリンク(カフェイン140G)を飲んで、さらに覚醒維持!

いつも通り、会社の鍵を開けて、扉を開き、深呼吸してスタート!

日曜日は、比較的、問い合わせ件数が落ち着いています。

「人が動く」時が一番問い合わせが多い(需要が生まれやすい)時です。

法人様、個人様ともに、日曜日は休んでいる方は多いですが、我々は年中無休。

先日も書きましたが、我々の媒体は「インターネット」が約半数を占めています。

最近、わかったことですが、色々調査していますと「女性」層が多いようですね。

特に「LINE」で問い合わせ来る人は、60%~65%は「女性」です。

掃除する、片付けする、不要品回収という「整理整頓」は女性の方の方が多いのでしょうか?

現在、「LINE」でも限定のキャンペーン中です。

是非、「友だち」登録してみてください。

よろしくお願いいたします。


BY カリスマ店長




家電の使用方法  神戸市

「勤労感謝の日」を「筋疲労感謝の日」と思ってしまうカリスマ店長です。

朝と夜は寒空な日々が続いております。

「暖房器具」を使用する時期になってきました。

冬場の家電には注意をしてください。

炎が出ない電気ストーブは、比較的安全な暖房器具だと思われがちですが、布や紙などの可燃物と接触すると、

過熱して発火することがあります。


特に寝室は寝具やカーテンなど、燃えやすいものが多いスペース。電気ストーブと十分な距離を取っていても、就寝中の寝返りなどをきっかけに寝具が接触することもあるかもしれません。

タイマー機能を使っていても、電源が切れる前に発火しないとは限りませんから、就寝前に部屋を暖め、就寝時には電源を切りましょう。

他にも、リビングでは洗濯物や雑誌などと電気ストーブが接触して発火するケースもありますので、寝室と同様に使用場所には注意が必要です。

また、キッチンや脱衣場、トイレなど狭い場所で足元を温めようとして、衣類などと接触し、発火するのも怖いケースです。

必ず体や周囲の物と十分な距離を確保して使用するようにしましょう。使わない時は消し忘れのリスクを避けるために、電源ケーブルをコンセントから抜くのがおすすめです。

電源ケーブルの断線も発火のきっかけに、家具などで踏みつけられたり、使用するうちに劣化したりして電源ケーブルが傷んでいると、

ケーブル内部で断線による電気ショートが発生し、大きな火花が起こって発火につながることがあります。

このような事を考えていると、油断大敵です。

毎日心配で心配で、普段からあまり寝ない僕も、さらに眠れません。

これから使用頻度が増えると思われる暖房器具、皆さん気を付けてください。


BY カリスマ店長

仏壇供養  神戸市

「背筋が凍る」「背筋がゾッとする話」の「背筋」を「はいきん」と言ってしまうカリスマ店長です。

仏壇に関しての問い合わせが多くあります。

その8割型は「処分してほしい」という内容です。

残りの1割~2割は「運搬」です。

その際によく聞かれる事。

「供養はした方が良いですか?」

という質問です。

そもそも供養というのは、仏壇からご先祖の魂を抜くことで、魂抜きやお性根抜き、御霊(みたま)抜きと呼ばれることもあります。

仏壇は新しく購入したときに、開眼供養というのを行いご先祖の魂を宿らせています。

仏壇が通常の家具と違うのは、ご先祖の魂が宿っているためです。

魂が宿った状態で処分するのは、気が引ける人もいるかもしれません。

魂が宿った状態の仏壇を処分すれば、ご先祖の魂も一緒に処分することになってしまいます。


。。。
。。。
。。。


という「考え方」があります。


宗派や地域によって開眼供養を行わないところもありますが、

行っている場合は、必ず閉眼供養を行わなければなりません。

皆さんもお仏壇を祭られた時、どういう状況で祭られたか、確認してから

処分や運搬を考えてみてください。


BY  カリスマ店長

処分物の梱包  神戸市

トイレする際、膝が痛くて、和式ではトイレができないカリスマ店長です。

皆さんもご存じのとおり当社は1点物の回収から、1戸建全部の回収まで実施しております。

特に1戸建の場合、「小物」がたくさんあり、小物が多いと梱包しないと出ないこともあります。

よくお客様から

「分別はどうすればよいですか」

「固めて荷造りしておけば良いですか」

当社の場合、小物類もすべてコチラで「梱包」はしますので、不用品として値するものがあれば、

そのまま置いといてもらえれば大丈夫です。

分別も時間がかかると思いますので、すべて当社におまかせください。

そういえば。。。

昨日のブログに載せた写真、予想どおり2T分で載りました。

作業時間は2時間ちょっと。。。

ありがとうございました。

BY カリスマ店長

荷物と処分と保管

月曜日の脚トレで、毎週火曜日は筋肉痛で、歩き方が不自然なカリスマ店長です。

本日のYahoo!TOPニュース

↓↓↓↓↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000007-jct-soci

こういう事もあるんですね。

「荷物と処分を間違える」事件。

当社も荷物の預かり等行っているだけに、気が気でなりません。

当社の場合、「間違いがないように」ゆとりをもって保管させていただいております。

24H出し入れトランクルーム と 一時預かり(出し入れ不可)



24H出し入れは、お客様のタイミングで自由にお使いください。

一時保管は、出し入れせず短期~長期の方まで、保管庫に入れております。

どれだけ物量、期間があっても、全く問題ありませんので、遠慮なくお問い合わせください。

BY カリスマ店長

カセットボンベ 廃棄処分

買物して、荷物を持ちを「トレーニング」と思っているカリスマ店長(以下カリ店)です。

本日は「連休明け」のため、若干問い合わせが多いようです。

朝から「カセットボンベ」の処理について電話ありました。

A「カセットボンベ処理したいんですけど」

カリ店「どのくらい数がありますか?」

A「116本ですけど。。。いけますか?」

カリ店「全く問題ありません、最短本日伺い出来ます」

A「本当ですか?どこも引き取りしてくれる業者がなくて。。。」

カリ店「当社は全く問題ありません。ありがとうございます。」


と、いうことで本日作業で決まりました。

神戸市内の企業の方です。

良かった良かった!


BY  カリスマ店長

家電 買取

11月からまた頑張ってブログを更新しようとしているカリスマ店長です。

買取に対しての問い合わせが多くなってきました。

特に「家電」です。

その「家電」について本日は少し投稿してみます。

家電業界は大きく分けて、白物家電、AV機器に分けられます。

白物家電とは、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、電子レンジなどの日常生活に必要な家電を指します。
これらが普及したときに「白」が多かったことから、このように呼ばれるようになりました。

国内の白物家電はパナソニックが高いシェアを誇ります。次いで、三菱電機、日立、シャープなどが並びます。

2012年ごろから日本の家電メーカーは業績不振に陥ります。

2016年4月には台湾の鴻海精密工業がシャープを買収、完全子会社化。また同年6月には中国の美的集団が東芝の子会社東芝ライフスタイルを買収しました。
こちらもシャープ同様、再建を図ります。

2018年に入り、鴻海精密工業で再建を図ってきたシャープは黒字化、中国の美的集団に買収された東芝子会社も赤字を縮小しました。

最近では、「アクア」や「ハイアール」が良く見かけます。

ネット上では「ハイアールは三洋だから安心!」などといった発言を時折目にしますが、実はこれは誤りなのです。

その理由は簡単で、アクアが三洋電機のパナソニック傘下入りに伴い、パナソニックからハイアールへ売却されたブランドだからです。

製造自体はすべてハイアールが行っていますが、アクアブランドの冷蔵庫、洗濯機に関しては、いまだに日本国内の研究所で研究開発が行われています。

なお、ハイアールブランドの製品に関しては、設計および開発についても中国国内で行われています。

両ブランドにはこうした経緯がありますので、旧三洋アクアの流れをくんだ製品が欲しい方は、ハイアールではなくアクアブランドの製品を購入するといいですね。

買取であれば、「国産メーカー」が強い部分があります。

お問い合わせの際は、

メーカーと品番

を教えていただき、買取価格もお伝えできる場合があると思いますので、よろしくお願いいたします。

不用品回収 一括見積り

引越でも不用品回収でも、「訪問見積り」が必要な場合があります。

「一括サイト」というのがあり、情報を入力すると、そのサイトに登録されている業者から連絡があります。

「ドンドン」連絡が入ります。

カリ店(通称 カリスマ店長)も、15年前ぐらいでしょうか。。。その昔、ある会社にいたころ、「一括サイト」に登録をしていまして、

お客様から入力入ると自動的に印刷されてくるんです。。。

何の会社か。。。いやあ。。それはちょっと。。。(笑)

で、そこからが勝負なんです。

「他社よりも早く電話をして決めてもらう」

これを皆が思っているだけに、一刻も早く電話をするわけです。

某引越業者等は、「アポインター」というのがいるんです。

そのことだけに集中してアポイントをとる。

夜23時でもお構い無し。電話が来るんですよ。

良くも悪くも争奪戦です。

良い面では「様々な業者の料金が聞けるので、比較しやすい」。

悪い面では「いろんな業者からかかってくるので、迷惑だ」。

と思っている人もいます。


当社の場合はどうか。。。


当社も一時期「一括サイト」に登録していましたが、お客様によっては、電話がかかってきすぎて、「どれがどれかわからなかった」と言われた時がありました。


もともと当社としては

「オンリーワン」

ですから、他社と比較しなくても、明らかに違いがわかると思います。


皆さんもまずはお気軽にお問い合わせください。


ではではでは。。。

BY カリスマ店長






ホーム > 神戸市不用品

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ