遺品整理~現代社会における孤独死とは~ - 大阪・神戸の不用品回収・ゴミの処分ならハロークリーンセンタースタッフブログ

Home > 廃品回収とペットボトル | 整理整頓 | 神戸市 粗大ゴミ | 神戸市不用品 | 遺品整理 | 遺品整理・遺品回収 > 遺品整理~現代社会における孤独死とは~

遺品整理~現代社会における孤独死とは~

連日、トレーニングとジムに併設してあるタンニング(日焼け)に通うカリ店(通称 カリスマ店長)です。
いつも帰宅時間は23時前後、遅いときは日付が変わるのですが、その時間はさすがに涼しいと思いきや、蒸し暑い。。。
ちょっと歩いただけで汗ダラダラ。。。

昨日は熱中症で某引越屋さんの作業員が倒れて、救急車で運ばれました。
その話の矢先に、当社でも1名体調崩してしまい、帰宅させました。

皆さんは、大丈夫でしょうか。


我々、ハロークリーンセンターは「遺品整理」も行っております。

遺品整理とは様々で、もちろん「故人の物」を片付けていく仕事です。

その中でも、年に数回、その場で「孤独死」された方の遺品整理を承ることがあります。

孤独死の8割ぐらいが「セルフネグレクト」と呼ばれる理由です。

セルフネグレクトとは、いわば自己放任という意味で、何らかの理由(のちにストレスなど)で、「片付けられない」、「不摂生」、「医療の拒否」など
自らを追い込んでしまいます。

カリ店の知人で精神科医の先生がいるのですが、その先生に聞くと、孤独死する人には、離婚後の男性が多いらしいです。
しかし、女性も、離婚や恋愛などでダメージを受けて、ゴミ屋敷化したり不摂生になったり、セルフネグレクトへ陥ってしまうケースが後を絶たないようです。

第一発見者は、不動産管理会社が多く、郵便物の滞留や家賃の支払いで発覚することが多いようです。

我々も現場に行くと、様々な事情が見え隠れしている部分がわかってしまいますが、今や「社会問題」にもなっています。

こういったことになる前に、役所へ相談したり、自治体等では「見守り隊」というようなチームを作って、地域に貢献しています。

何事も「人生設計」が大切です。

こう見えて、カリ店は5年後のプランまで考えています。(上手くいくかどうかはわかりませんが。。。)

人生は1度きりですからね。

つまづいても、すぐに起き上がって、次の事を考える。

しっかり生きていかねばなりません。

ではではでは。。。


BY カリスマ店長

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.hello-c.com/blog/3669/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
遺品整理~現代社会における孤独死とは~ from 大阪・神戸の不用品回収・ゴミの処分ならハロークリーンセンタースタッフブログ

Home > 廃品回収とペットボトル | 整理整頓 | 神戸市 粗大ゴミ | 神戸市不用品 | 遺品整理 | 遺品整理・遺品回収 > 遺品整理~現代社会における孤独死とは~

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ