Home > 未分類

未分類 Archive

家電リサイクル法を守って正しい処分を!

・多くの人が捨てる段階になって気づくことですが、家電製品をゴミとして始末する時には家電リサイクル法にのっとって正しく捨てなければいけません。家電リサイクル法とは家電製品の4品目について捨て方を定めた法律で、家電リサイクル法に従わなければ罰せられるおそれもあります。家電リサイクル法とは具体的にどのような法律なのでしょうか、またゴミを捨てる時にはどうすれば良いのでしょうか。以下に詳しく解説します。

・家電リサイクル法とは
家電リサイクル法とは俗称で、正式名称は「特定家庭用機器再商品化法」と言います。この法律は1998年に制定されました。その名前が示すとおり、家電製品をリサイクルに向けて正しい方法で回収するよう定めています。 この法律が回収方法を定めている家電製品は、 エアコン、テレビ、冷蔵庫および冷凍庫、洗濯機および乾燥機の4品目です。
家電リサイクル法が定める4品目を始末する時には、該当する家電製品を購入した小売店(中古ショップ含む)に有償で引き取ってもらわなければいけません。引き取り時の手数料は高くても2,000~3,000円くらいです。

・なぜ制定された?
この法律が制定された目的は2つあります。1つは、ゴミ処理をスムーズに進めるため、もう1つは家電製品の中に含まれるリサイクル可能物を回収し再利用するためです。
前者の理由については、ゴミ処理場で大型の家電製品の処理が度々問題になる場合がありました。ゴミ処理場のプレス機は冷蔵庫や洗濯機など大型で強固な家電製品を潰しきれないことがあったためです。そのため、処理に手間がかかる家電製品を別に回収して、ゴミ処理を滞りなく進める狙いがありました。
また、家電リサイクル法で定められた4品目の製品の中には、鉄や銅、アルミニウム、プラスチックといったリサイクル可能な資源が多く含まれています。これらの資源を再利用せずにそのままゴミとして捨てるのは、何とももったいないことです。環境省のデータによれば、1983年に製造されたエアコンディショナーは鉄53%、銅19%、アルミニウム9%、プラスチック14%、その他4%と全体の81%が金属で構成されています。エアコンは一番小さいものでも10㎏弱あるため、どれだけ大量の資源が使われているか分かります。


・回収方法はいろいろ
家電製品の回収方法には様々なものがあります。それぞれメリットとデメリットが異なってくるため、以下を参考にやりやすい方法を選んでみてください。

・・家電量販店に依頼
大手家電量販店は家電リサイクル法の対象製品を回収しています。お店の都合が空いていれば、自宅まで引き取りに来てもらうこともできるためとても便利です。エアコンなどの場合は取り外し作業を行ってもらうこともできます。さらに、引き取りに来てもらうついでに購入した新しい家電製品を配達してもらうことも可能です。
ただ、引き取る時の料金は基本料金よりも割高で、状況によっては出張料金や取り外し工賃が発生する場合もあります。
家電量販店に依頼する方法は手間がかかりませんが、お金がかかる方法です。

・・小売店に引き取ってもらう
家電製品を購入した小売店に引き取ってもらう方法です。小売店は家電リサイクル法に定められた内容に従って、販売した製品を回収する義務があります。そのため、小売店に引き取ってもらう場合は、回収時の基本料金だけで済むため安く済みます。加えて、小売店は自宅まで引き取りに来てくれるため、足を運ぶ必要がありません。
ただ、小売店によっては取り外し作業を行なっていない所もあるため、自分で取り外さなければいけないこともあるでしょう。加えて、取り外し工賃が発生するため、割高になる場合もあります。

・・指定取引所に持ち込む
自治体は一部を除いて直接4品目の家電製品を回収してはいません。しかし、 市内に指定引取所を設けているため、自分でいらなくなった家電を持ち込むことができます。
この方法のメリットは、始末にかかるお金が家電リサイクル券だけで済むため、安価である点です。しかし、取り外しから持ち込み、書類手続きまで自分で行う必要がある点がデメリットです。家電によっては重いものもあるため、うかつな取り扱い方をすると体を壊す危険性もあります。


・回収業者に頼むと楽な場合も!
お使いだった家電製品の状態によっては、回収業者に頼む方法が最も良いかもしれません。業者によっては、回収した家電の下取り代金を改修費用と相殺してくれるところもあります。そのため、回収費用が格安になったり、無料になる場合もあります。さらに、エアコンの無料回収キャンペーンなどお得なサービスを展開する業者も存在します。回収を行っている業者の多くは無料で電話見積もりも受け付けてくれるため、まず相談してみてはいかがでしょうか。
なお、家電4品目の回収には認可を受けずに回収を行う違法業者も存在します。依頼の前には許可をもらって営業しているところか確認しましょう。

リフォーム前に

皆さまこんにちは。

今日は、先日行なった不用品回収についてご紹介いたします。
お客様にお聞きすると、近々リフォームを行うので、
要らないものは一気に片づけてしまいたいとのことでした。

その要らないものの中には、タンス、ソファーなどの大型の家具もありました。

ハロークリーンセンターでは、お引越の業務も承っておりますので、
このような大型家具でも、ご安心してお任せください。

大型の家具を含む場合でもお気軽にご連絡くださいませ。


歴史ある町で

皆さまこんにちは。不用品回収のハロークリーンセンターです。
本日はホワイトデーですね!私もお返しをしないと。

先日、京都府八幡市で、不用品回収をして参りました。
八幡市と言えば、石清水八幡宮があることで有名ですね。

春には背割り堤での桜祭りが近年有名になりつつあります。歴史ある場所です。

そんな八幡市のご依頼は、
タンスや家電を引き取ってほしいとのことでした。

最初は古くなったタンスのみの回収でしたが、ついでだからと、
電子レンジを買い替えるので、古い方を回収してほしいとのこと。

家具・家電なども買取できる可能性がございます。
今回は、タンスを買取させていただきました。
手入れもされていて、傷もなく、
状態が非常に良いタンスでした。

不用品の引取りのご依頼でしたが、
品物によっては、買取可能ですので、お気軽にご相談ください。



わけあり物件

わけありゴミの片付けも格安処分で解決致します。

夜逃げ・倒産・店じまい・立退き・家屋、倉庫等の処分・差し押さえ・
在庫整理・期限切れ商品・サンプル製品・不法投棄物・がれき・
砂利・土砂・廃タイヤ・事件物件の処理などもお任せください。

通常、わけありの場合は高額費用を請求されるケースも
昨今増えてトラブルも少なくありません。

当社は低価格をモットーに、お客様に満足して頂けることを第一に
考えておりますので、お気軽にご予算などをご相談してください。

現地にてのお見積も無料でお伺いさせて頂きますので、
お客様のご都合の良い日時をご連絡ください。

不用品回収の役目

不用品と言っても大小様々なものがあります。

生活家電や家具寝具と数えるとキリがありません。
引越しや家移りの時は新しい物を新調する方が比較的多いので、
その度に不用品回収の業者に依頼する必要があります。
劣化や修理コストを考えると定期的に新しい家電や家具を買い換えは
消費者や販売店、もっと言えば、社会全体にとって素晴らしいことです。

使わなくなった物は適切に廃棄、もしくは再利用をしなければ資源の無駄遣いとなってしまう為、不用品回収は大切なことだと思います。とはいっても個人で不用品を処分することは困難な場合もあるので、そういった場合は我々ハロークリーンセンターまでご連絡ください。

一般家庭ごみで処分できずに不用品回収に出す品物はタンス等の大型家具や冷蔵庫等の大型家電の場合が多いので、一人で運搬するのは容易ではありませんのでその際は当社までお気軽にご相談ください。。
無料で査定もしておりますので、お気軽にお問合せください。

家丸ごと

ハロークリーンセンターなら、ゴミ屋敷の片付けはもちろん、
その後のハウスクリーニングまでトータルに承ります。

不用品回収においては分別や梱包等、一切不要です。
また、買取可能なものはリサイクル品として買取もいたしますので、
無駄なく格安で1軒丸ごときれいにできます。

遺品整理などの場合は、形見分けまで行ない、個別配送も可能です。

遺品整理のサイトも御社ホームページから見ることが出来ます。
お気軽にご相談ください。

「宇治にてお仕事」

本日はバレンタインデーですね。

私はいくつ頂けるのか楽しみにしています。

まだまだ寒いですね。外出の際はお気を付け下さい。

先日、京都府宇治市にお住いのお客様から不用品回収のご依頼がありました。
ご依頼内容は、使わなくなった古い食器棚と家具です。

ハロークリーンセンターでは、1点から回収も承っております。

お気軽にお問い合わせください。

「防災用品」

安全で使わないのであれば、それでいいのですが

消火器にも耐用年数があるのはご存じでしょうか。

一般の消化器ではおよそ10年だといわれています。

10年以内でもさびや傷などある場合は早めに処分されたほうがいいです。

古くなった消火器で破裂事故もあったそうなので、

一度お家の消火器の確認をしましょう。

また防災の備蓄品や防災用品のセットを買ったものの年月が経過した物が

あるかと思います。

もし古くなっているなら、当社でも回収をおこなっていますのでご連絡ください。

出張買取

早いもので1月も終わろうとしていますね。

ハロークリーンセンターでは、出張買取も致しております。

家具、一般家電

パソコン、デジカメ、 DVD レコーダーなど
オフィス家具、OA機器
厨房機器、店舗用品
企業の大量不用品在庫
ギフト、贈答品
ブランド食器
電動工具
おもちゃなど、

着物、帯、和装小物
楽器、ゲーム機、ゲームソフト等

その他、あまり使用していないもの、製造後、年数のたっていないものなどございましたらご遠慮なくご相談ください。
買取可能かどうか、お気軽に当社にご相談下さい。

事務所移転に伴うご依頼

前回のブログを書いてから早速、大阪府大東市より、オフィス用品の回収のご依頼がありました。

ご依頼内容は、事務所移転に伴うオフィス用品の回収でした。
事務所移転を機に古いデスクや椅子、本棚などを新調されるということでした。

デスク9台、椅子6つ、本棚4つ、古くなったロッカー1つ、他事務用品数点でした。

事務所の引越もお任せいただいておりまして、
かなりお安くなったとお客様には喜んで頂きました。

皆様の中にも、引越と不用品回収をまとめてお任せしたいという方がおられましたら、
お気軽に当社まで、ご相談くださいませ。

企業様のゴミ処分

ハロークリーンセンターでは、一般のご家庭の方からの、
不用品、粗大ごみの処分のご依頼もよく頂いておりますが、
企業様からのゴミの処分依頼もいただきます。

一般のご家庭と、企業では何が違うかというと、
企業の場合、重要な書類がたくさんあるということです。

こういった場合、普通のゴミと一緒に処分することはできません。

ハロークリーンセンターではそういった重要な書類も責任をもって
処分させていただいております。ご安心ください。

もちろん一般のご家庭も法人の企業様からのご依頼もお待ちしております。
お見積は無料でさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

「新年早々に」

新しい年を迎えてそろそろ落ち着く頃かと思います。

年末年始にはセールやバーゲンに福袋と買い物で忙しかった方も多いでしょうね!

私も百貨店に向かい福袋を買いました。そうなってしまうと年末に大掃除はしても新しい物を買って新年にも関わらず不用品が出てきます。

処理しきれないものがあれば当社にご相談下さい!

新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年、弊社に不用品回収をご依頼いただきました皆様。今までなかなか踏ん切りがつかなかった不用品を整理して、お部屋も心もスッキリした気分で年末年始をお過ごしになられたことと存じます。

弊社スタッフも心持を新たにして、新年のスタートをきりたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

よいお年を

今年もあっという間にこの日を迎えました。

2018年度もブログをご拝読頂きありがとうございました。

皆様の生活において何かのきっかけになれば幸いです。

2019年が皆様にとって良い年になることを切に願います。

来年も当社をよろしくお願いいたします。

よいお年をお過ごしください。

家電リサイクル

早いもので今年もあと11日
もうすぐ仕事納めの方も多いのではないでしょうか。

家電の中には処分をする時はリサイクル料金を支払って処分します。時々、テレビの無料回収という宣伝を目にする機会があります。

テレビ等、家電リサイクル法に指定された正しい方法で処分する際にはリサイクル料金が必要となります。リサイクル料金はメーカーによって異なりますが、テレビの場合はおおよそ3,000円台です。

高いなと感じてしまう人もいるかもしれません。でも、私たち消費者には、使い終わったテレビは家電リサイクル法に基づいてリサイクル料金を支払い、正しい方法で処分する責任がありますので気をつけましょう。

当社でも家電リサイクル法に基づいて回収を行っていますのでご相談いただければと思います。

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ