家電 買取 - 大阪・神戸の不用品回収・ゴミの処分ならハロークリーンセンタースタッフブログ

Home > 不要品回収・不要品買取 | 神戸市不用品 > 家電 買取

家電 買取

11月からまた頑張ってブログを更新しようとしているカリスマ店長です。

買取に対しての問い合わせが多くなってきました。

特に「家電」です。

その「家電」について本日は少し投稿してみます。

家電業界は大きく分けて、白物家電、AV機器に分けられます。

白物家電とは、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、電子レンジなどの日常生活に必要な家電を指します。
これらが普及したときに「白」が多かったことから、このように呼ばれるようになりました。

国内の白物家電はパナソニックが高いシェアを誇ります。次いで、三菱電機、日立、シャープなどが並びます。

2012年ごろから日本の家電メーカーは業績不振に陥ります。

2016年4月には台湾の鴻海精密工業がシャープを買収、完全子会社化。また同年6月には中国の美的集団が東芝の子会社東芝ライフスタイルを買収しました。
こちらもシャープ同様、再建を図ります。

2018年に入り、鴻海精密工業で再建を図ってきたシャープは黒字化、中国の美的集団に買収された東芝子会社も赤字を縮小しました。

最近では、「アクア」や「ハイアール」が良く見かけます。

ネット上では「ハイアールは三洋だから安心!」などといった発言を時折目にしますが、実はこれは誤りなのです。

その理由は簡単で、アクアが三洋電機のパナソニック傘下入りに伴い、パナソニックからハイアールへ売却されたブランドだからです。

製造自体はすべてハイアールが行っていますが、アクアブランドの冷蔵庫、洗濯機に関しては、いまだに日本国内の研究所で研究開発が行われています。

なお、ハイアールブランドの製品に関しては、設計および開発についても中国国内で行われています。

両ブランドにはこうした経緯がありますので、旧三洋アクアの流れをくんだ製品が欲しい方は、ハイアールではなくアクアブランドの製品を購入するといいですね。

買取であれば、「国産メーカー」が強い部分があります。

お問い合わせの際は、

メーカーと品番

を教えていただき、買取価格もお伝えできる場合があると思いますので、よろしくお願いいたします。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.hello-c.com/blog/3876/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
家電 買取 from 大阪・神戸の不用品回収・ゴミの処分ならハロークリーンセンタースタッフブログ

Home > 不要品回収・不要品買取 | 神戸市不用品 > 家電 買取

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ