Home > 不要品回収・不要品買取

不要品回収・不要品買取 Archive

生ゴミ回収 神戸市

正月は、公園のうんていで懸垂しがちなカリスマ店長です。

引越後の処分などで、最終的に生ゴミ等が残ってしまうケースが多いです。

こういった問い合わせは人が動く時期(12月、2~4月)が多いです。

日常生活でも「生ゴミ」は出やすいもの。

各市町村で、「決められた日、決められた場所」に出さなければいけない事になっていますが、

何となく「めんどくさい」と思ったり、「忘れてしまったり」するので、

何でも「タイミング」大切です。

そういう時は、当社に1本電話を。

ご自宅まで取りに伺います。

「呼べば来てくれる」宅配のイメージで、お気軽にお電話ください。

分別不要、生、荒、混載可能です。

宜しくお願いいたします。

BY カリスマ店長

処分物の梱包  神戸市

トイレする際、膝が痛くて、和式ではトイレができないカリスマ店長です。

皆さんもご存じのとおり当社は1点物の回収から、1戸建全部の回収まで実施しております。

特に1戸建の場合、「小物」がたくさんあり、小物が多いと梱包しないと出ないこともあります。

よくお客様から

「分別はどうすればよいですか」

「固めて荷造りしておけば良いですか」

当社の場合、小物類もすべてコチラで「梱包」はしますので、不用品として値するものがあれば、

そのまま置いといてもらえれば大丈夫です。

分別も時間がかかると思いますので、すべて当社におまかせください。

そういえば。。。

昨日のブログに載せた写真、予想どおり2T分で載りました。

作業時間は2時間ちょっと。。。

ありがとうございました。

BY カリスマ店長

家電買取、回収  神戸市

本日も朝3:30から早朝トレーニングで背中を追い込んで、テンションが変に上がり空回り中のカリスマ店長です。

本日は、家電買取の話。

今までも何度か話してきましたが、もう少し詳細を記載します。

新品・中古品に関わらず、家電の買い替えを検討する方が、増える季節の変わり目に突入?しました。
まだ使えて状態の良い家電なら、買取へ出して売却を検討してみてはいかがでしょうか。

きれいな中古家電は家電を安く買いたいという層のニーズにマッチするため、年間通して高い需要があります。

不要な家電の処分に困ったとき、「売ること」に慣れていないと「ゴミとして捨てたほうが早い」と感じるかもしれません。

しかし、まだ使える家電を捨ててしまうことは、何となく損をしているような。。。気分になりがちです。

そこで、まずは家電を売るのに適したタイミングを知って、状態良くキープすることは大切です。

まずはじめに、家電は、新品購入時に高価だったから売るときも高価とは限りません。

家電の買取価格は、買取ショップごとに定められた査定基準によって決められます。

そのため、家電買取時に重視されるポイントを知っておくことで、売りたい家電の買取相場目安を把握しやすくなるでしょう。

製造年数は家電の寿命にもつながります。

買取価格を左右しやすいポイントです。

買取可能な製造年数に厳密な決まりはありませんが、一般的には製造から「5年以内」の家電に価値がつけられやすくなっています。

人気=需要です。

需要が高い家電ほど買取されやすく、買取相場も高くなっていきます。

一般的に人気と言われる家電には、以下のような特徴があります。

・メーカー(ブランド)が国内外問わず有名
・ロングランモデル
・販売終了したハイスペックモデル
・テレビや雑誌で紹介されたモデル

その他状態(傷の有無)、動作状況などでも価格は変わってきます。

あくまで、上記に記載したことは参考程度にしかなりませんので、皆さんも1度、ご自身の家電の年式や状態など、
総合的に見てみてください。


BY カリスマ店長

不用品引取り  検索ワードは?

毎週月曜日は、前日の日曜日に比べて、体重3KGアップで毎週スタートしているカリスマ店長です。

当社にかかってくる多くの媒体は、「インターネット」です。

皆さんがインターネットで調べるとき、必ず「検索」されると思います。

ここで重要なのが、「検索ワード」。

例えば。。。

「神戸市不用品回収」

「兵庫区回収」

「家財回収」

という風に、検索すると思います。

そこで上位に入ってきた業者に目をやると思います。

その際に重要となるのが「SEO」と言います。

「インターネット検索結果で自身のWebサイトを上位表示させたり、より多く露出させるための対策」です。

「クリック数」が重要で、「クリック数」を上げるには、前提に「検索ワード」を考えてヒットさせる必要があります。

当社も、問い合わせの時、「検索されたワード」を聞くようにしているのですが、何しか、この「SEO」対策の営業でかかってくる

業者が多い事!

ほぼほぼお断りしているのですが、毎日かかってきます。

話を聞いていると、「不用品回収」というワードよりは、「神戸市不用品回収」や「タンス回収」など、

もう少し具体的な地域や物を入れるケースが多いようです。

できるだけ、皆さんが検索されたワードに当社がヒットできるような仕組みを作ることが必要です。

Yahoo!よりGoogleの利用者の方がかなり多いみたいですね。

もし問い合わせされた際は、参考までに教えてください。

宜しくお願い致します。


BY カリスマ店長

二段ベッド即日回収 神戸市須磨区

電話を取る時、上腕二頭筋が痛くて、途中でわざわざ受話器を持ち替えるカリスマ店長です。

本日は月曜日。

いつもの流れで言いますと、「月曜日は電話が鳴る」日です。

早速、朝から「リンリン♫」「ランラン♫」と鳴っております。

僕はどちらかというと、人の電話を「聞く」側で、担当者が困った時だけ変わるんですね。

だからいつも僕が会社の電話で話していたら、「あまり良い話ではない」場合が多い電話です。(笑)

先日も、HPで「即日対応」、「急ぎの方」用の欄を見て、問い合わせがあったのですが、本日も非常に多く、

まずは神戸市須磨区の2段ベッドの回収が早速入りました。

解体ももちろんさせていただきます。

無問題です。

やはり「タイミング」大切です。

お客様が求められている「タイミング」はいつなのか。

いつでも対応できるようにしていかなければいけません。

本日は「即日対応」案件、何件入るんでしょうか。

楽しみでございます。

BY カリスマ店長

不用品引き取り 紹介キャンペーン

週1回の首と背骨の矯正通いで、身体のメンテナンスに余念がないカリスマ店長です。

現在、LINEの「友だち」限定のキャンペーン実施中。



これはLINE画面のスクリーンショットです。



やっぱり商売するのには、お客様がいて初めて成り立ちます。

感謝の意を込めまして、12月末日まで「紹介キャンペーン」実施中です。

既に何千人も「友だち」になってくれてありがとうございます。

実際、こういったキャンペーンをさせていただいてわかったことは、

「不用品回収」

に対する、需要がたくさんあるということですね。

商売するのに一番大切な事。 それは、

「需要と供給」

です。

そのためには、お客様のために、何ができるかを常に考えて提供していく。

列記としたサービス業ですから、これからもよろしくお願いいたします。

BY カリスマ店長

スプレー缶処分  神戸市

リュックを背負うと、なで肩でリュックが下までズレてくるカリスマ店長です。

昨年?北海道の札幌市内の不動産屋のスプレー缶事故

↓↓↓↓↓

https://www.sanspo.com/geino/news/20191108/acc19110811080002-n1.html

当時の店長の方が書類送検になったみたいですね。。。

「思いがけない」事故。。。だったと思いますが、事故というのは「思いがけない」から起きるものです。

但し、良い意味でいうわけではありませんが、初めから全て上手くいくことなど早々ありません。

この事故の時、「スプレー缶処分」の問い合わせが増えました。

「スプレーですか?」

「缶ですか?」

と、聞き方を間違えるぐらい?。。。それぐらい問い合わせが多かったですね。

スプレー缶の処理は、なんしかめんどくさい。

スプレー缶の中には、ガスが入っています。このガスの力で、中身を押し出すので霧状で広範囲に散布できます。

ヘアームースなどが泡になって出てくるのも、ガスがあるため。このガスは、中身を使いきるとすべてなくなるようにできています。

つまり、中身が残っているスプレー缶はガスも残っているということ。このガスは可燃性なので、処理をする際に爆発する危険があります。

また、現在はほとんどの自治体でスプレー缶は可燃物以外の分類になっているでしょう。

しかし、何かのはずみでスプレー缶が可燃物に紛れこんでいる可能性もゼロではありません。それが発見されずに焼却炉の中に入ってしまうと、炉を傷つける恐れもある。

ゴミ収集車の中で爆発する可能性もあるのです。

スプレー缶の中身が入ったまま捨てるのは危険なんですね。

中身をすべて出しきって捨てることが大切です。

こういった手間、お客様でされるか、業者にしてもらうか。

先日、「カリスマ店長の言いたい放題」のブログでも書きましたが、神戸市内の業者さんからスプレー缶116本の引き取りがありました。

自分たちでやるのは手間です。危険どうこうありますが、手間が一番かかります。

スプレー缶でも色々種類ありますから。

困ったときは、ハロークリーンセンターまでお問い合わせください。


BY カリスマ店長

買取基準

車に乗る時、バックミラーを見て自分の僧帽筋(首の付け根)の発達をたまに確かめるカリスマ店長です。

まだ11月初めですから、ブログは続いています。(笑)

本日は、「買取基準」についての話。

買取基準は、お店によって変わります。

何を基準にしているか。

売りたい商品の、相場や市場価値をあらかじめ調べておくことも大事です。

相場は常に変動しているため、定期的にチェックして、相場が上がったタイミングで買取を申し込むこともポイントの1つです。

物にもよると思いますが。。。

参考までに「オークション会場」見てみてください。

ネットで「ヤフオク」、「モバオク」、「メルカリ」など、ちょっと見てみてください。

間違えても「その価格」では買取できません。

1000円で買取して、1000円で売っていたら意味ないですからね。

是非、色々皆さま「品定め」ではありませんが、勉強がてらに見てみてください。


BY カリスマ店長

家電 買取

11月からまた頑張ってブログを更新しようとしているカリスマ店長です。

買取に対しての問い合わせが多くなってきました。

特に「家電」です。

その「家電」について本日は少し投稿してみます。

家電業界は大きく分けて、白物家電、AV機器に分けられます。

白物家電とは、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、電子レンジなどの日常生活に必要な家電を指します。
これらが普及したときに「白」が多かったことから、このように呼ばれるようになりました。

国内の白物家電はパナソニックが高いシェアを誇ります。次いで、三菱電機、日立、シャープなどが並びます。

2012年ごろから日本の家電メーカーは業績不振に陥ります。

2016年4月には台湾の鴻海精密工業がシャープを買収、完全子会社化。また同年6月には中国の美的集団が東芝の子会社東芝ライフスタイルを買収しました。
こちらもシャープ同様、再建を図ります。

2018年に入り、鴻海精密工業で再建を図ってきたシャープは黒字化、中国の美的集団に買収された東芝子会社も赤字を縮小しました。

最近では、「アクア」や「ハイアール」が良く見かけます。

ネット上では「ハイアールは三洋だから安心!」などといった発言を時折目にしますが、実はこれは誤りなのです。

その理由は簡単で、アクアが三洋電機のパナソニック傘下入りに伴い、パナソニックからハイアールへ売却されたブランドだからです。

製造自体はすべてハイアールが行っていますが、アクアブランドの冷蔵庫、洗濯機に関しては、いまだに日本国内の研究所で研究開発が行われています。

なお、ハイアールブランドの製品に関しては、設計および開発についても中国国内で行われています。

両ブランドにはこうした経緯がありますので、旧三洋アクアの流れをくんだ製品が欲しい方は、ハイアールではなくアクアブランドの製品を購入するといいですね。

買取であれば、「国産メーカー」が強い部分があります。

お問い合わせの際は、

メーカーと品番

を教えていただき、買取価格もお伝えできる場合があると思いますので、よろしくお願いいたします。

片付け~事務所 編~

オフィスの移転等の引越を受けることも多々あるのですが、その流れで「処分してください」という物が

結構多いです。

事務机、椅子、応接セット、キャビネット、書庫、金庫、その他。。。

移転と同時に新設するものが多く、その流れから当社がお手伝いさせていただくことは多々あります。

皆さんもご存じのように、当社は、「福住引越センター」と同じ系列会社です。

↓↓↓

https://www.fukuzumi-m.com/

先日ありましたのは、大阪市内のオフィスの移転の際に、ほとんど新設するというので、処分(買取含む)の引き取りに伺いました。

4Tトラック10台分程度でしたが、朝からスタートして、15時には余裕で終了しました。

4Tトラック20台程度まででしたら、1日で余裕で終了します。

どのような物量が多い回収作業でも、昼飯前です。

様々対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。


ではではでは。。。

BY カリスマ店長
 

不用品回収と引越

今日は神戸市内は雨が降ったり止んだり❗️

今帰りながらこのblog書いてます。

ちょうど日付変わる手前ぐらいですが、かなりの土砂降りで、ちょっと車内で待機しております。

皆さんは大丈夫ですか⁉️

今日は何故かこんな問い合わせが多かったです☺️

『引越する際の不用品回収』

夏休みに入り若干引越シーズンっていう感じですかね。。。

いや、そうでもない。。。

引越の準備している際には、必ずと言って良いほど出てくる「不用品」。

まずは相談でも構いません。

遠慮なくお問い合わせください。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

荷物の一時預かり IN 神戸

何回か、皆さまへ、発信した内容ですが、我々 ハロークリーンセンターは、「株式会社 福住」のグループ会社です。

つまり、「福住引越センター」とも同じということです。

で、このたび、「一時預かり用のコンテナ」を増設することになりました。

↓↓↓







このように増設して、お客様の受け入れを広く致しました。

当社は、一時預かり以外にも、24H出し入れ自由なトランクルームを多種多様に揃えています。

要望に応じて、提案させていただきますので、遠慮なくお問い合わせください。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

生ゴミ処理

「段ボールコンポスト」というのを知っていますか?

家庭から出る生ごみをピートモス(泥炭層から切り出した複数の植物から作られる用土等)の基材とともに、段ボール箱に入れ、その中で減量・堆肥化を行うことです。

安価で通気性・保温性に優れた段ボールに、ピートモスともみ殻くん炭を入れ、毎日生ごみを投入してよくかき混ぜます。

およそ3か月間繰り返し、その後1か月間熟成させると、プランターや花壇に肥料として利用できます。

これが資源の再利用というものでしょうか。。。

かならず1日1回、できれば2回以上、段ボールの中の基材をよくかき混ぜます。

かき混ぜて酸素を行き渡らせ、発酵菌の生ごみ分解を手助けしてやります。

開始してから約1週間経つと、生ごみの分解は本格的にスタートします。

「試したい」内心は思っていますが、とてもめんどくさがりなカリ店(通称 カリスマ店長)にとっては

至難の業です。。。

ではではでは。。。


BY カリスマ店長

リサイクル、リユース、リデュース

先日は、「不用品回収」と「不要品回収」について述べさせていただきました。

今回は「リサイクル」と「リユース」。

リサイクル(Recycle)は、形を変えて再度使用する事です。
ペットボトルからフリースを作ったり、段ボールなどから再生紙を作ったりして、新たな製品を作ったりする事です。

リユース(Reuse)は、そのままの形で再度使用する事です。
フリマやオークションで出品したりしてますね。

リサイクルもリユースも、同じ価値観として「ゴミをできるだけ出さない社会」が共通語になっています。

「ゴミをできるだけ出さない社会」として 「3R」と言う言葉があります。

3Rとは、

①Reduce(リデュース)ゴミを減らす。
②Reuse(リユース)再利用する。
③Recycle(リサイクル)再び資源として利用する。

3Rはこの順番に取り組むべきとされていますが、日本ではリデュース・リユースの取組が進展していないとの指摘があります。
製品の生産や流通、廃棄に消費される資源やエネルギー、また発生する温暖化ガスを削減するためにも、
リデュース・リユース(2R)は優先して取り組まなければならないとされています。

こういった取り組みが「社会貢献」として成り立っているという事を、皆さんも意識してみてください。


ではではでは。。。

BY カリスマ店長

不法投棄 神戸

本日も神戸市の方、兵庫県の方と色々話す機会があり、その情報をお伝えします。

カリ店(通称 カリスマ店長)は、毎日暇なので、いろんなところに電話をして、会話を楽しんでいます。はい。

どこの都道府県でもあると思うのですが、「不法投棄」が神戸市でも後を断ちません。
地域ぐるみの監視を強化し、不法投棄防止看板を設置するなど、市民と市が一体となって、不法投棄の防止に努めることが必要と考えられています。

悪質な投棄者の発見は、行政だけでは、なかなかカバーできません。
市民の情報提供に負うことが少なくはないです。
神戸市の環境局事業系廃棄物対策部では、クリーン110番(078-595-6199)を設けて、不法投棄・野焼きの通報を受け付けております。(平日のみ)

不法投棄は、立派な犯罪です。
ですので、刑法によって罰せられます。

5年以下の懲役または1000万円以下(法人等は3億円以下)の罰金またはこれの併科

と、いう刑罰です。

①決められた時間以外のごみの排出
②決められた曜日以外のごみの排出
③決められたステーション以外への排出
④引越しごみ、事業ごみの排出 (引越しごみ、事業ごみは、自己の責任で処理するなどの対応)

①~④はいずれも「不法投棄」に該当します。

これも社会のルールとなっていますので、くれぐれも周囲に迷惑のかかることがないように、きちんと対応していかなければいけません。

気を付けましょう。

ではではでは。。。

BY カリスマ店長

ホーム > 不要品回収・不要品買取

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ