大阪・神戸の不用品回収・買取ならハロークリーンセンター

お急ぎの方

スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. リサイクル

リサイクル アーカイブ

リサイクル・リユース

今日のように雨風が強くても、筋肉は強くならないカリスマ店長です。

ありがたい事にお客様からの要望が大きく、インターネットやチラシを見ての問い合わせが増加し、

リサイクル、リユース品を持って帰ってくる量が多くなってきました。

そこで、先日、不用品の「仕分けスタッフ」を募集したところ、ガンガンと応募いただき、審査を通った方、

1名を採用致しました。

やはりこういう「丁寧」で「細かな」仕事は、女性スタッフの方が向いていますね。

リサイクルやリユースで、「誰かが使う」のですから、綺麗に仕分けしていれば尚更良いです。

無駄がないので、余分なコストも抑えれます。

近年、インターネットで簡単に個人の物を出店できるようになりました。

様々な点で、便利な世の中になりました。

昔は捨てていた物が、利用できる。販売できる。

これらを行うことにより、一つの「環境保全」にもなります。

当社は、こういった事を続けていくことにより、社会貢献を前提として取り組んでおります。


BY カリスマ店長

リサイクル?リユース?

毎日朝11時過ぎと、16時過ぎは「プロテインタイム」を設けているカリスマ店長です。

最近リサイクルショップが増えてきました。

そんな中で、「リサイクルショップと呼んでほしくない」という方々もおられます。

リサイクルとリユース。。。どういう違いがあるのでしょうか。。。

リユースとは、不要になったモノを買い取り、必要に応じて修繕などを行って別の人に販売する事業です。

日本リユース業協会では、協会を設立した目的を、リユースやリユース業の社会的認知度を高め、また良質なリユース事業者を育成を通じて、
リユース業界が透明性が高く健全に発展することとしている。

市場規模    1997年  2002年 2007年
年間商品販売額 908億円 2111億円 3452億円
事業所数    4189店 8106店  7741店

中古品小売については従来、リユースではなく「リサイクル」と呼ばれることが多かった。

しかし協会では、不要になったものを、素材として別のものを作ることを「リサイクル」、不要になったものに、清掃・修繕を施す程度でほかの人が使う場合を「リユース」と、
分けて呼んでもらえるよう呼びかけるという。

「将来的には統一的な資格や検定制度を設けたい」と考えられています。

「物」に対する考え方は様々ですが、こういう事業は奥深く、あと5年、10年たてば、言葉が変わったり、お店も増えたりしていく可能性もあります。

世間のニーズに対して答えていく世の中に、様々な事業が取り組んでおります。

ライター処分

本日2度目の投稿。

皆さん、「ライター」って、どう処理されるか、知ってますか?

・中身を使い切る(ガス抜きをする)

*以下、ガス抜き手順

1. ライターのレバーを押し下げて、着火した場合はすぐに吹き消す

2. ガムテープなどで、押し下げたままのレバーを固定する

3. ガスが噴出しているか確認する

4. そのまま火の気のない風通しの良い場所に半日~1日置く

5. 念のため、着火操作をしてみて、火が付かなければガス抜き完了


・水に浸す(自治体による。やっておいた方がより安心)
・自治体ルールに従ってごみ出し

ハロークリーンセンターでも、回収可能です。

ライター 50円(処分代)×個数+2500円~3600円(作業代)

対象地域の方は、遠慮なくお問い合わせください。

ではではでは。。。


BY カリスマ店長

不法投棄

昨日、やってしまいました。
カリ店(通称 カリスマ店長)は、筋トレのことばかり考えすぎて、このブログを
更新するのを忘れておりました。

申し訳ございません。。。←本当にそんなこと思っているのか??(笑)

ですので本日は、昨日の分と合わせて、2発!記事を飛ばします。

先日、少しこのブログでも記載した「不法投棄」。
これは、神戸市としても力を入れて取り組んでいます。

神戸市では,クリーンステーション等への不法投棄の防止を目的として,地域の中で主体的な活動を行っている自治会などの地域団体の皆さんを支援するため,資材の交付や,不法投棄防止カメラ設置経費の助成制度などがあります。

一応、対象地域的な部分が存在しまして、

(1) 多量あるいは経常的に廃棄物が、不法投棄されるクリーンステーションが存在する地域
(2) クリーンステーション以外の場所で,多量あるいは経常的に廃棄物が不法投棄される地域

上記2点が対象となります、。

上記2点を意識して「社会貢献」をしていきましょう。


ではではでは。。。

BY カリスマ 店長

家電リサイクル

皆さん、大変長らくお待たせいたしまして、申し訳ありません。
(特に「待って」ないと思いますが。。。)

私、ハロークリーンセンターの「カリスマ店長」は毎日毎日、仕事を追って追われて、勉強勉強・・・すっかりブログ手つかず。。。約2年ほど登場しておりませんでした。
また地味にこれから登場して、地味に長々文章書きますので、よろしくお願いします。

ここで、ちょっとおさらい。

皆さんの身近な話から。。。

まずは、冒頭にある「家電リサイクル法」について。

廃棄物の減量と資源の有効利用を通じて循環型経済社会を実現するため、特定家庭用機器廃棄物のリサイクル促進のための仕組みである「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」は平成 13 年4月に本格施行され、平成 30 年3月で 17 年が経過しました。
法施行後累計の特定家庭用機器廃棄物の引取台数は、平成 21 年 11 月に1億台を突破、
平成 30 年3月には2億2千万台を突破しました。また、製造業者等によるリサイクル技術の向上等により、再商品化率は法施行時の平成 13 年度の 66%から平成 29 年度は 86%にまで上昇しています。

このように家電リサイクルは、廃棄物の適正処理・削減及び再生資源の有効利用を進めることにより、環境と経済が両立した循環型社会システムの構築に貢献しています。

一概に「不用品」、「処分」という言葉を耳にしますが、ここでは家電の話ですが、こういった「リサイクル」をすることにより、それが社会貢献になっているということを、皆様も覚えておいてください。

ではでは。。。また次回。

BY カリスマ店長

家電リサイクル法について

勉強致しました。

本日もお京の投稿!

鬼の居ぬ間に。。。こっそり投稿しておきます!


さてさて本題!






家電リサイクル法→「特定家庭用機器再商品化法」






ご家庭で出る家電製品は、これまでほとんどが埋め立てられてきましたが、



埋立地にも限界があるそうで。。



何年も何十年もたてば仕方のない事ですね。。



そしてその中には再び利用することができる有用な資源が



たくさん含まれてるというもったいない実態が!!



「こりゃいかん!」と偉い方々が考えました。



有用な資源の再利用。廃棄物を減らす。



そして平成13年4月1日施行されたのが家電リサイクル法なのです。



調べていく中で、最も大事だなぁと思ったのが



1人1人の意識が大事、という事です。



使った人も、売った人も作った人も一人一人が協力しあってこそ



意味を成す、それがリサイクル法ということですね。






私の家にも壊れた洗濯機がそのままになっています。。



あ、ブラウン管のテレビもあったぞ。



待てよ、古い掃除機もあったような。。。



・・・今度の休みに家の整理をしたいと思います!笑



もちろん家電はリサイクルにまわします♪

あまり長々書くと、鬼に。。。いや、カリスマ店長に「文章が長すぎて意味がわからない!」

と怒られるので、今日はこのへんで。。。

BY お京

不用品回収作業の流れ

久々の投稿です。。。

連日連夜、筋トレに励んでいるワタクシからの投稿!




今まで真面目に?様々な?内容を記載してきましたが、よく考えると、もっと掘り下げた話を全くしていなかった今日このごろ。

筋トレの事だけ考えすぎていたわけではございません。(ちょっとあるかも。。。笑)

きちんと毎日出勤して、毎日お客様とコミュニケーションをとっています。


根本的に当社に依頼していただいて、お客様のもとにお伺いするまでの流れを説明します。

①お客様より問い合わせ(電話、メール等)



②応対(電話、メール等)



③電話で受けることができる見積り(少量の単品)は、成約すれば指定日にお伺い

訪問見積り(家財まるごと、遺品整理、その他電話で見積り不可能な場合)は、見積り日を決める



④ 訪問見積りにお伺い(条件、内容の確認)で料金提示。成約すれば指定日に作業

訪問見積りはもちろん「無料」!

まずは1本電話をお願いします。問い合わせだけでも結構です。

相談してみてください。

スタッフ一同、お待ちしております。



BY  カリスマ店長






マニフェスト  その1

梅雨がぬけたのか、ぬけてないのか・・・

何とも暑苦しい今日この頃。。。

暑さと関節痛に悩まされている、今日もカリスマ店員でございます(笑)




本日のお題は「マニフェスト」です。




マニフェストとは、産業廃棄物の委託処理における排出事業者の明確化と、不法投棄の未然防止を目的としています。

産業廃棄物は、排出事業者が自らの責任で適正に処理することになっています。

その処理を他人に委託する場合は、産業廃棄物の名称、運搬事業者名、処分業者名、取扱い上の注意事項を記載した

「マニフェスト(産業管理物管理票)」を交付して、産業廃棄物と一緒に流通させることにより、産業廃棄物に関する正確な

情報を伝えることと、適正に処理されていることを確認する必要があります。

マニフェスト・・・覚えましたでしょうか?

そろそろまたしても私の腱鞘炎の症状が・・・

こんな感じで・・・






あっ、間違えました(笑)



ではまた。。。








ゴミリサイクル  さらに続編

おはようございます。

たびたび手首の腱鞘炎と肘痛に悩まされている今日この頃。。。

本日は頑張って文字を打ちまくってみようと思います。。。

さてさて。。。えーっと、前回までのおさらい。




①循環社会のキーワード:リデュース、リユース、リサイクル

②最も優先されるのが「リデュース」:ゴミを出さない、無駄なものを買わない、買ったなら長く使う

③若干矛盾する話ですが、②だけでは世の中そんなにあまくない:いらなくなるものは必ず出ます。

一昔は牛乳瓶やビール瓶は洗浄等してリユースしていました。

が、近年、ライフスタイルや流通システムの変化により、リユースのできないアルミ缶や紙パックに変わってきているのも事実。。。




そして、前回説明途中だった「リサイクル」の話。

3つの再生方法とは。。。

①マテリアルリサイクル:使用済みの物を、原材料として再利用すること(アルミ缶からアルミを再度作ることですね)

②ケミカルリサイクル:使い終わったものを科学的に分解するなどし、原材料を再利用すること

(ペットボトルから繊維原料を取り出してフリースなどの衣料を作ることですね)

③サーマルリサイクル:複数の素材からできていたり、汚れ等がひどいものを焼却することによってできるエネルギーを回収すること

(①、②ができない「最後の砦」?みたいなものですね)

「リサイクル」といっても、それまでの過程やその後の再生方法がこのようにいくつもあり、今日の私たちの生活の中で

活躍しています。

つめればつめるほど奥深い話ですが、このような背景を知っておくだけでも、私たちの仕事の「重要性」が再認識できます。

それでは、ここでなぜか恒例の鳩飛ばし!?




本日はこの辺で。。。




BY カリスマ店員

ゴミリサイクル

皆さんこんにちわ!

本日もカリスマ店員からの投稿。

夏がじわじわ近づいてきている今日この頃。。。

ちょっと一休み気分で、本日は若干まじめな話をしてみましょう!

テーマは   「リデュース、リユース、リサイクル」

資源採取をできるだけ抑え、それを無駄なく使い、廃棄されるものを最小限に抑える「循環型社会」を形成するための

取り組みとして提案されたのが本日のテーマの「3R(リデュース、リユース、リサイクル)」です。

「3R」は、それぞれの頭文字をとったもので、下記のような優先順位があります。

1:Reduce(リデュース)    ゴミを出さない

2:Reuse(リユース)            再使用する

3:Recycle(リサイクル)        再利用する





3Rで最も優先されるのが「リデュース」です。ゴミそのものをださない、ムダなものは買わない、

そして買ったものは長く使うなど生活のなかから見直していける、私たちの暮らしのなかでもっとも努力・工夫に取り組める考え方です。

リサイクル、リユースなどを行うためにはその過程でエネルギーが必要となり、何らかの資源を使うことになります。

次に「リユース」。

リデュースを意識した生活を心がけても、いらなくなってしまうものは必ずでてきます。

そんなときはまずリユース(=再利用)を考ることが大切です。

リユースとは、いらなくなったものをゴミとして捨ててしまうのではなく、洗ったり直したりしてもう一度使えるようにすることです。

次に「リサイクル」。。。

と言いたいところですが、私事で申し訳ないのですが、手首と肘が腱鞘炎??で。。。文字打つのもこの様な感じで

↓↓



四苦八苦。。。

ということで。。。

続きは、手首と肘がマシになりましたら。。。

to be continued。。。

リサイクル料金

どうも皆さん、こんにちわ!!

スマスマ、、、?

カリスマ店員のバーシーです。。。




本日は、「家電リサイクル法」について、若干説明してみたいと思います。

少し長くなるかもしれませんが、長あ~いお付き合いお願いします。。。




昔々あるところに、おじいさんとおば???あっ、間違えました。




では、少し真面目に。。。




家庭から排出される廃棄物は、基本的には市町村が収集しています。

しかし、粗大ごみの中には大型で重く、非常に固い部品が含まれているために、粗大ごみ処理施設での処理が困難な物が

多々ありました。

家電製品には、これに値する物が多く、有用な資源があるにも関わらず、リサイクルが困難で埋め立てられている状況でした。

そこで、廃棄物の減量、資源の有効活用という部分で、制定された法律が




「特定家庭用機器再商品化法」




という法律ができたのであります。

これがいわゆる「家電リサイクル法」です。

1998年5月に国会で成立し、2001年4月1日から本格施行されました。

この法律では、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機が特定家庭用機器として指定され、小売業者は

「排出者からの引取りと製造業者への引き渡し」、製造業者は「引取りとリサイクル(再商品化)」という役割をそれぞれが

分担しリサイクルを分担することが義務付けられています。

引取りを求めた排出者は小売業者や製造業者からの求めに応じ、料金を支払うことになります。


というようなお話。。。でした。。。

BY  カリスマ店員









江戸時代のリサイクル ③

江戸時代のリサイクル業のおはなし第3弾です。

●鋳かけ屋 鋳物すなわち鍋釜や燭台の金属部分の修理屋さんです。 鍋や釜の底に穴が空いた物の修理をしてくれたりしました。

鏡とぎ 鏡がくもった時の磨き直し屋さんです。 現代の鏡と製法が違い当時は青銅の板にメッキを施した製法の鏡だったため経年劣化でメッキがはげてくもってきました。その場合の修理の専門業者さんが存在しました。

臼の目立て 小麦やそばを挽く臼の溝(歯)が丸くなって挽きにくくなった時の目立て屋さんです。

三回にわたってご紹介してきましがその他にも沢山のリサイクル業者さんが存在しました。行灯の仕替え屋さんは新しい行灯を販売し必ず古いものを下取りして作り直しをしていました。ほうき売り屋さんも下取り品を植木用の縄やたわしとして再利用をしていました。  灰買い屋さんは集めた灰を農作物の肥料としての重要な業者さんでした。

現代のゴミを減らすというリサイクルではなく 物を最後まで大切に使う という考えが根底にあったようです。 おおいに見習いたいものです。

感謝のお言葉!!

本日もカリスマ店員の報告です。

本日は、「感謝のお言葉」の紹介!!

当社で作業を実施させて頂いた方々に「お礼の一報」を送付させていただいております。

数々いただく中で、本日はこの方からのこのようなお言葉が届きました。







以下画像の全文抜粋です。




「先日は、色々とありがとうざいした。

最後まで丁寧に退去に伴う作業を実施していただきました。

何度も作業を確認して頂き、BSアンテナ撤去および室内のTVコード配線まで撤去して頂きましたし、

湯沸かし器も仏壇も見積もり時点でお願いしていた事をすべて対応いただきました。

また、貴重品も見つけて頂き、びっくりするやら、感動するやら、故人の良い思い出が伝わっているのは、御社の

おかげと、大変感謝しております。

夏場に喉を潤していただけるものを送らせて頂きました。

お中元のシーズンで到着が遅れているようですが、お納めいただきます様お願いいたします。

知り合いには、御社のお話をさせて頂くつもりです。

今後も、よろしくお願いいたします。」




本当にありがとうございます。

全スタッフ共々、このようなお言葉をいただくたびに、より一層の「顧客満足」を目指して、作業に取り組んでおります。

これからも我が社 ハロークリーンセンター は前進し続けます!

BY  カリスマ店員

アナログな私。。。

みなさん、こんにちわ!

本日もこの1枚のお届け!

↓ ↓


当作業員は前回、PCを扱っていましたが、やはり慣れていないこともあり、本日は「アナログ作戦」に切り替わりました。

やはり手動にすると早い、早い!

スラスラと記帳ができます!

あっ、アナログ繋がりの話ですが。。。

TVって今の時代「液晶」に統一されていますね!

アナログTVお持ちの方、不要で家に置きっぱなしになっていませんか?

そんな方は、当社へお気軽にお問い合わせください!

壊れていても大丈夫ですよ!

しつこいようですが、彼のような真面目?な作業員が対応しますから!(笑)

↓↓



お問い合わせは⇒ www.hello-c.com

BY カリスマ店員






リフォームに伴う不用品回収

先日、テレビを見ていると某リフォーム番組に
実家の近くのおうちが出ていましたよ~

見ながら、絶対地元やし両親に聞いてみたらわかるかもと
すぐに電話で聞きました(笑)

そうするとやはり人口が少ないだけあって
すぐにどこの家かわかりました!
そして知り合いでした(笑)
お庭と納屋、ガーデンキッチンを作る回でしたが
すっごく素敵に仕上がっていましたよ~

あの番組を見ているとやはり長年住んでいる家ともなると
不用品が山のように出ているのがわかりますね。
そんな不用品も上手に再利用するのが
某番組の見どころではあるのですが…
不用品の活用が見つからない方は当社までご相談ください。

ハロークリーンセンターでは、不用品の買取、無料回収しております。
是非当社にお任せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・兵庫・京都・奈良、関西の不用品(不要品)回収・買取
ハロークリーンセンター
URL:https://www.hello-c.com/
福住引越:https://www.fukuzumi-m.com/
───────────────────────────
ハロークリーンセンターは福住引越センター直営の
産業廃棄物の正規収集運搬会社です。
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1-4-26
TEL 0120-11-4021  078-651-4021 FAX 078-681-2096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > リサイクル

検索
フィード
メタ情報

arrow_drop_up