Home > 再利用

再利用 Archive

ゴミリサイクル  さらに続編

おはようございます。

たびたび手首の腱鞘炎と肘痛に悩まされている今日この頃。。。

本日は頑張って文字を打ちまくってみようと思います。。。

さてさて。。。えーっと、前回までのおさらい。




①循環社会のキーワード:リデュース、リユース、リサイクル

②最も優先されるのが「リデュース」:ゴミを出さない、無駄なものを買わない、買ったなら長く使う

③若干矛盾する話ですが、②だけでは世の中そんなにあまくない:いらなくなるものは必ず出ます。

一昔は牛乳瓶やビール瓶は洗浄等してリユースしていました。

が、近年、ライフスタイルや流通システムの変化により、リユースのできないアルミ缶や紙パックに変わってきているのも事実。。。




そして、前回説明途中だった「リサイクル」の話。

3つの再生方法とは。。。

①マテリアルリサイクル:使用済みの物を、原材料として再利用すること(アルミ缶からアルミを再度作ることですね)

②ケミカルリサイクル:使い終わったものを科学的に分解するなどし、原材料を再利用すること

(ペットボトルから繊維原料を取り出してフリースなどの衣料を作ることですね)

③サーマルリサイクル:複数の素材からできていたり、汚れ等がひどいものを焼却することによってできるエネルギーを回収すること

(①、②ができない「最後の砦」?みたいなものですね)

「リサイクル」といっても、それまでの過程やその後の再生方法がこのようにいくつもあり、今日の私たちの生活の中で

活躍しています。

つめればつめるほど奥深い話ですが、このような背景を知っておくだけでも、私たちの仕事の「重要性」が再認識できます。

それでは、ここでなぜか恒例の鳩飛ばし!?




本日はこの辺で。。。




BY カリスマ店員

ゴミリサイクル 続編

先日の「ゴミリサイクル」の続編です。

覚えていますでしょうか。。。?

テーマは「3R(リデュース、リユース、リサイクル)」

こちらの都合?で最後の「リサイクル」の説明がまだ残っていました。

リサイクルとは。。。

不要になったもので、新たなものを作るための原料や燃料にして再利用することを言います。

実はこの「リサイクル」、再生方法によってさらに3つに分けることができるんです。

それは。。。

と、ここでまさかまさかの腱鞘炎?が。。。痛っ。。。



これでは、文字打つにも一苦労、二苦労。。。




ということで、次回のテーマは「リサイクルの分類」について。

ではでは。。。

To be continued…

BY カリスマ店員






リユース(再利用)

1軒のご家庭には、約26万円分の不用品があるといわれています(某大学調べ)

この機会に、ご家庭にあるもう使わないものを整理して、
ハロークリーンセンターで、必要な人にリユースしてみてはいかがですか?

日本でも、不用品のやりとりは、インターネット時代よりもずっと前から、
タウン誌や地域の広報紙などを通じて、日常的に行われてきました。

このようなリユースは、譲り主の廃棄コストと、譲り先の購入コストを節約できる
というメリットがあるだけでなく、廃棄に伴う環境負荷を軽減することもできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・兵庫・京都・奈良、関西の不用品(不要品)回収・買取
ハロークリーンセンター
URL:http://www.hello-c.com/
BLOG:http://www.hello-c.com/blog/
福住引越:http://www.fukuzumi-m.com/
───────────────────────────
ハロークリーンセンターは福住引越センター直営の
産業廃棄物の正規収集運搬会社です。
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町1-4-26
TEL 0120-11-4021  078-651-4021 FAX 078-681-2096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 再利用

検索
フィード
メタ情報

ページトップへ